更新:2018.2.28 作成:2018.2.26

ベランダ・グランピングでキャンプ気分を味わおう!

話題のベランダ・グランピングに挑戦してみませんか?今回は、自宅で気軽に楽しめるベランダグランピングの魅力から、やり方・おすすめアイテムなどをご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. ベランダ・グランピングとは?
  2. ベランダグランピングの魅力
  3. やり方はシンプル!気軽に挑戦しよう
  4. まずはベランダのベースづくり
  5. 後は好きなアイテムをプラスするだけ
  6. テントも設営すれば楽しさも倍増!
  7. まとめ

ベランダ・グランピングとは?

そもそもベランダ・グランピングの「グランピング/Glamping」とは、グラマラスとキャンプが合わさった造語で、このように素敵なロケーションの中、テント設営や食事の準備も不要。リゾート感覚で楽しむ”良い所取りのキャンプ”のこと。

つまり、ベランダグランピングとは、これを自宅のベランダで再現して楽しむというものです♡

ベランダグランピングの魅力

ベランダグランピングの魅力は、なんといってもその手軽さにあります。

移動時間もなければ、初心者さんには難しいキャンプ道具を揃える必要も、トイレやお風呂の心配も一切ナシ♪

いつでも開放的なキャンプ気分が味わえるので日常の気分転換にも良いですし、子供が小さくキャンプ場に行くのが難しい場合にももってこいなんです♡

では早速やり方をご紹介しますね!

やり方はシンプル!気軽に挑戦しよう

ベランダグランピングのやり方は至ってシンプル!「ベランダのベースをつくる」+「アウトドアグッズを置く(持ち込む)」この2ステップです。

手軽に楽しむも良し。拘ってクオリティをUPするも良し。難しく構えず、自分の出来る範囲で準備して、好きなようにリラックスして過ごすことが大切です♡

では早速「ベースづくり」からスタートしましょう。

まずはベランダのベースづくり

ベランダにモノを置いている場合は、出来るだけ片付けスペースを確保してからベースづくりに取り掛かりましょう!

床面に一工夫

床は面積が広いので、コンクリートのままではちょっと殺風景。一手間加えておくとガラッと雰囲気が変わりますよ!

手軽なラグ

中でも、1番お手軽なのが「屋外ラグ」を敷くこと♪

ベランダ全体に敷くのがベストですが、くつろぎたい場所だけでに敷くだけでもOKですし、あえて数枚のラグを並べて楽しむのもお洒落♡

人工芝を敷く

よりアウトドア感を手軽に楽しめるのが、ホームセンターで入手可能な人工芝!

芝の向きを揃えながら敷き詰め、余分な部分はカッターで裏側からカットすればOK♪木材など真っ直ぐなモノを当てると綺麗に切れます。

また、カインズの「丸巻きリアル人工芝」がよりリアルでヘタりにくい上に種類も豊富と評判が良いようですよ◎

ウッドデッキDIY

リゾート感を出したい時には、やはりウッドデッキがマスト♪

プチプラで済ませたい時には「すのこ」を使ってもOKですし、このようにIKEAのパチっとはめ込んでいくだけのウッドデッキなどもお手軽ですよ◎

目隠し

さらに、人目を気にせずリラックス出来る環境をつくるには「目隠し」があると安心です!

シェードを設置

お手軽なのは市販のシェード!

色んな種類がありますが、人工芝同様に自然っぽさを楽しむならこういった「グリーンフェンス」、ちょっと和のテイストを出したい時には「すだれ」なども素敵ではないでしょうか♪

すのこや木材でDIY

プランター吊るしたり、木のぬくもり感が欲しい時には、スノコや木材を使いDIYで準備するのも素敵です。

また、せっかくDIYするのならついでに室外機カバーなども作っておくと更に生活感が消えてクオリティもUPしますよ♪

観葉植物をセット

そして最後は、好きなお花や観葉植物などを棚に置いたり、吊るしたりして「自然」を感じられる状態をつくれば、ベランダグランピングのベースづくりは完成です!

普段ガーデニングをしてない!という方も、1つとりいれるだけで気分も上がりますので是非トライされてみてください♪

後は好きなアイテムをプラスするだけ

ベースが出来上がったら、グランピングをどんな風に楽しみたいか。に合わせてアウトドアグッズや好きなアイテムを加えていきましょう♪

基本のテーブル&チェア

折りたたみタイプ

お茶を飲んだり、ごはんを食べたりするにもテーブル&チェアは欠かせません♪

こういった折りたたみタイプならコンパクトに収納出来るので、省スペースでも気軽に取り入れることができるのでおすすめです♡

オールインワンタイプ

家族で楽しみたい時には、いくら折りたたみでも数を揃えるのは大変!

こういったオールインワンタイプなら、ベンチとスツールテーブル内にすっきり収納出来ますし、実際にキャンプやピクニックに出かける時にそのまま持って行けるので一石二鳥です◎

クッションやブランケットをプラス

チェアには、クッションやブランケットなどの小物類を足せば、一気にお洒落でリラックス感のある雰囲気に仕上がります!

また、テーブルには「クロス」をかけると更に素敵な演出が出来そうですね♪その時々の気分に合わせて色んなアイテムをプラスしちゃいましょう!

ハンモック

ごろんと寝転がって空を見上げる。視界が変われば、より日常から開放された気分に浸れます。そんな時のマストアイテムはハンモック♪置くだけなら簡単に設置出来るのでお手軽です!

中でもこのビブレ(VIVERE)は、頑丈なつくり・大人二人がすっぽり包まれるサイズで、米国Amazonで1日で24,000個も売れた大ヒット商品♪是非チェックされてみて下さい♡

ライトやキャンドル

夕暮れ時には、キャンドルや好きな照明器具を足してライトアップすれば、ベランダは幻想的な空間に♡

100均でもLEDランタン・キャンドルが販売されているのでプチプラで安全に楽しむことも可能ですよ♪

無煙バーベキューコンロ

キャンプといえばバーベキューですが、ベランダでは流石に近所迷惑になるから無理だろうというイメージですが・・無煙タイプのグリルを使えば実現可能なんです♡

中でも圧倒的に人気があるのが、このロータスグリル!炭火焼きですが、油が炭に落ちない構造になっているので煙も出にくい上に、スグ焼き始められるという優れもの♪これは要チェックですね!

テントも設営すれば楽しさも倍増!

キャンプといえばやっぱりテント!子供たちも秘密基地感覚で大はしゃぎすること間違いナシです♡

しかも、自宅のベランダなのでクッション・お布団・おもちゃ・飾りなどなど。何でも好きなモノをサッと持ち込めますし、過ごしやすい気候ならそのまま眠る事も出来ちゃいますね♪

ワンタッチテントが便利♪

使用するテントはサイズが合うものは勿論ですが、こういったワンタッチタイプなら一瞬で設営出来るのでお手軽ですよ♪

また、夏場のお昼寝程度ならワンタッチシェードもおすすめです◎

まとめ

いかがでしたでしょうか?自宅でこんな楽しみ方が出来るなんてやはり最高ですね!

ベースさえ整えておけば、思い立った時にいつでもベランダでグランピングが出来ますし、休みがとれなくても家族揃って旅行気分が味わえます。

天体観測をしてみたり、スモアなどのキャンプ料理を楽しんだりと、是非色んなスタイルで素敵な時間をお過ごしください♡

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • Ash

    自分でたのしみながらキャンプ情報を発信できたらと思います!

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ