更新:2018.10.15 作成:2018.10.11

グランドシートを使用する理由とは?おすすめのグランドシートもご紹介

テントの下に敷くシート、グランドシートをご存知ですか?
グランドシートは、雨や湿気からテントを守ってくれる需要なキャンプアイテムです。
また、クッション性の高いものはテント内を快適にしてくれます。
この記事では、グランドシートの特徴や選び方をご説明し、おすすめのグランドシートをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. グランドシートとは?
  2. グランドシートが必要な3つの理由
  3. グランドシートの選び方3つのポイント
  4. まとめ

グランドシートとは?

『グランドシート』は、テントを設営する際に、地面に敷くシートです。
アウトドアメーカーが販売しているグランドシートは、耐久性や防水性、クッション性などに優れています。

地面に直接テントを張ってしまうと、思った以上に湿気や冷気の影響を受けることも。
また、地面の凸凹具合によっては、テント内の快適性にも影響します。

グランドシートが必要な3つの理由

グランドシートを使用した方がよい理由をご説明します。

テントの底を保護することができる

キャンプサイトの設営場所が、平らで整備されているとは限りません。
凸凹であったり、小石や小枝などが多い場所ということも。

そのような場所では、断然グランドシートが活躍します。
クッション性の高いグランドシートを使用すれば、テント内で快適に過ごすこができるでしょう。

また、グランドシートを敷かないでテントを設営しますと、最悪の場合、お気に入りのテントに穴が開くなど、破損させてしまうことにもなりかねません。

雨水・湿気の浸入を防ぐことができる

アウトドアメーカーの耐水性や防水性に優れたテントであっても、状況によっては、底からの浸水に対応できないケースも考えられます。

防水性の高いグランドシートをテントの下に敷くことで、地面からの雨水や湿気の侵入を防ぐことができます。

地面からの底冷えを防ぐことができる

真夏のキャンプにおいても、夜から朝にかけては思った以上に冷え込むこともありますが、そんな時、グランドシートを使用していれば冷えから守ることができます。

アウトドアメーカーが販売している厚みのあるグランドシートであれば保温性が高く、予想外の底冷えにも対応することが可能です。

グランドシートの選び方3つのポイント

グランドシートを購入する際には、どんなことを考慮して購入すればよいでしょうか?
選び方のポイントを押さえておきましょう。

グランドシートの厚さで選ぶ

グランドシートの厚さは『デニール(D)』で表記されているものが多いです。
デニールの数値が大きいほど、分厚いグランドシートになります。

生地の厚いグランドシートは、耐久性、保温性能に優れますが、厚くなるほど重量も増してしまいます。
登山やツーリングキャンプでは持ち運びを考え、重量をチェックすることも重要です。

グランドシートの大きさで選ぶ

グランドシートは、使用するテントより小さめのサイズのものを選ぶのが基本です。
テントよりグランドシートを使用しますと、雨が降った時に雨水が溜まってしまうことも。
もし、グランドシートの方が大きい場合は、折りたたんで使用するという方法もあります。

テントと同じメーカーで選ぶ

大きさで悩む場合は、お持ちのテントと同じメーカーのグランドシートを購入しましょう。
同じメーカーの製品であれば、大きさや形なども丁度良いですし、デザイン性、カラーリングもマッチしますので、おすすめです。

おすすめグランドシート5選!

それでは、おすすめのグランドシートを厳選してご紹介します。

Coleman(コールマン) マルチグランドシート/300

コールマンのテントフロアと同じ厚さ、210デニールの生地を採用しています。
メッシュの収納ケースが付属します。

ロゴス ぴったりグランドシート 正方形タイプ

フロアサイズが300cmのテントにピッタリサイズです。
テントの4隅に結ぶだけで簡単に設置できます。

スノーピーク(snow peak) ランドロック グランドシート TP6701

生地は210デニールで、厚さは充分ですし、耐水圧性にも優れています。
ランドロック用のグランドシートです。

DOD(ディーオーディー) ワンポールテント用グランドシート(3人用)260cm×220cm GS3-561-GY

ワンポールテント用のグランドシートです。
材質は210Dポリエステル(PV コーティング)で、耐久性に優れています。
専用のキャリーバッグが付属しています。

FIELDOOR 折りたたみ レジャーシート グランドシート

厚さが5mmのクッション材入りのグランドシートで、テントに使用することはもちろんのこと、レジャーシートとしても使うことができます。
持ち運びに便利な、折りたたみ式になっています。

まとめ

テントを設営する際には、グランドシートを必ず使用することをおすすめします。

地面の状況や雨や湿気に対応するために使用するのはもちろんのことですが、キャンプを撤収する際の荷物置き場などにも使えますし、愛用のテントを汚れから守ってもくれます。

ぜひこの記事を参考にしていただき、ご自身のキャンプアイテムにグランドシートを加えてみてはいかがでしょうか。
 

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • kojiabe

    自然を愛してやまないWebライターです。 アウトドアに関する有意義な情報をお届けします。

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ