更新:2018.10.23 作成:2018.10.18

テントの快適性はインナーシート!選び方とおすすめまとめ

テントにインナーシートを敷いていますか?
インナーシートは、地面の凸凹を解消し、寒さから守ってくれるなど、テント内で快適に過ごすためには欠かせないキャンプアイテムなのです。
この記事では、インナーシートを使うメリットや選び方をご説明し、おすすめのインナーシートをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. テントにはさまざまなシートが必要
  2. テントの快適性はインナーシート次第
  3. インナーシートを敷くメリットとは
  4. インナーシートの選び方
  5. おすすめインナーシートをご紹介!
  6. インナーマットも使いましょう
  7. まとめ

テントにはさまざまなシートが必要

「さぁ、キャンプに行こう!」とテントを購入しただけ、ということはないですか?
テントを設営する際には、さまざまなシートやマットが必要になるのです。
それぞれご説明します。

グランドシート

グランドシートとは、テントの下(地面とテントの間)に敷くシートです。
地面からの湿気や冷気、雨が降った時に水が生地を通してテント内部に入り込むのを防ぎます。

また、テントを汚れから守ってくれますし、撤収の際には荷物置き場になるなど、便利な使い方もできます。

詳しくは下記で解説しています。

インナーシート

テント内に敷くシートです。
クッション性に優れたインナーシートは、地面の凸凹を緩和してくれます。

グランドシートとインナーシートを併用することで、地面からの冷気や湿気の侵入を防いでくれます。

インナーマット

インナーシートの上に敷くマットです。
特にシュラフの下に敷くことで、快適な睡眠をサポートしてくれます。

テントの快適性はインナーシート次第

インナーシートは、テント内を快適に過ごすためには必需品です。
キャンプ場のテントサイトの地面は、平坦とは限りません。
小石や砂利、小枝などが多く、グランドシートだけでは凸凹を解消できないかもしれません。

また、山間のキャンプ場の朝晩は、思ったより冷え込みます。
グランドシートとインナーシートを併用することで、テント内の保温性を高めてくれるのです。

できれば薄っぺらいレジャーシートよりは、アウトドアメーカーのしっかりとしたインナーシートを使用することをおすすめします。

 

インナーシートを敷くメリットとは

地面の凸凹に対応

テントサイトの地面がきれいに整備されていない場合、地面の凸凹はとても気になりますね。
インナーシートを敷くことで、地面の凸凹が解消され、テント内を快適な空間にしてくれます。

地面からの湿気や冷気を遮断

キャンプ場では、地面からの湿気や冷気は思ったより影響が大きいものです。
グランドシートで湿気や冷気を防ぐこともある程度は可能ですが、合わせてインナーシートを敷くことで、さらに快適なテントになります。

テントを保護する

テントの底はグランドシートでカバーしていますが、内部はインナーシートで保護します。
インナーシートを敷くことで、不意にテントを傷をつけてしまったり、穴を開けてしまうことから守ることができます。

インナーシートの選び方

性能で選ぶ

薄いレジャーシートと異なり、アウトドアメーカーのインナーシートは、断熱性、保温性、防水性に優れています。
 

クッション性で選ぶ

インナーシートは、クッション性の高いものを選びましょう。
テント底の硬さは、思ったより気になるものです。

収納性で選ぶ

なるべくなら、コンパクトに収納可能なインナーシートを選びましょう。
特にソロキャンプなどで荷物を最小限にとどめたい時には便利です。

インナーシートは銀マットで代用も可能

アウトドアメーカーのインナーシートは、高品質で機能性に優れている分、価格も高めになってしまいます。
なるべくキャンプ費用を抑えたい場合は、いわゆる「銀マット」で代用してもよいでしょう。
銀マットでも厚さがあって、クッション性に優れているものが販売されています。

おすすめインナーシートをご紹介!

カラフルにコーディネートできるインナーシート

  • 使用時サイズ:約295×295(cm)
  • 収納時サイズ:約73×48×15(cm)
  • 重量:約2kg
  • 厚さ:4mm
  • 収納ケース付き

アルミ蒸着で冷気を軽減

  • 使用時サイズ:約295×295(cm)
  • 収納時サイズ:約50×37×30(cm)
  • 厚さ:5mm
  • 重量:3.1kg
  • 収納ケース付き

2分割可能なインナーシート

  • 使用時サイズ:約295×295(cm)
  • 収納時サイズ:約64×61×20(cm)
  • 重量:約2.2kg
  • 厚さ:4mm
  • 収納ケース付き

インナーシートとグランドシートのセット!

  • インナーシートサイズ:約295×295(cm)
  • グランドシートサイズ:約280×280(cm)
  • インナーシート重量:約2.2kg
  • グランドシート重量:1.2kg
  • インナーシート厚さ:4mm
  • 収納ケース付き

ピクニックシートにも使える!

  • 使用サイズ:約260×260(cm)
  • 収納サイズ:約67×14×45(cm)
  • 厚さ:4mm
  • 重量:約1kg
  • 収納ケース付き

アメニティドームL専用のインナーシート

  • アメニティドームL専用
  • 耐水圧1,800ミニマム
  • 重量:約1.1kg
  • 収納ケース付き

重ねて使用がおすすめ

インナーシートは2枚重ねることで、さらなる保温性能、クッション性が期待できます。
インナーシートを2枚、または銀マットと併用するのもおすすめです。

その場合、銀シートを下に敷いて、上にインナーシートを敷くのがよいでしょう。
銀マットは熱を反射してくれるためにテント内の熱を逃がしにくく、テント内の保温性能を髙めてくれます。

また、安価なシートでも、数枚重ねて使用することでテント内を快適にしてくれますよ。

インナーマットも使いましょう

シュラフの下にはクッション性に優れたインナーマットも敷きましょう。
インナーシートを重ね敷いても、長時間寝るとなると、地面の硬さや凸凹が気になるかもしれません。
インナーマットを敷けば、快適に眠ることができます。

自動で膨らむ超厚なインナーマット

  • 使用サイズ:135×190(cm)
  • 収納サイズ:22×66(cm)
  • 厚さ:5(cm)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
テント内を快適に過ごすためには、インナーシートを最大限に活用することがポイントになります。
ぜひ、参考にしていただき、快適なテントでキャンプを楽しんでくださいね。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • kojiabe

    自然を愛してやまないWebライターです。 アウトドアに関する有意義な情報をお届けします。

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ