更新:2018.11.14 作成:2018.11.12

快適なシュラフはいかが?モンベルのシュラフおすすめまとめ

シュラフ(寝袋)はどこのメーカーのものをお使いですか?
モンベルのシュラフはいかがでしょうか。
モンベルは、その優れた機能性、デザイン性など、多くのキャンパーから長い間支持されているアウトドアメーカーです。
今回は、モンベルのシュラフの選び方、おすすめのシュラフをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンベルとは

モンベルは、1975年創業の総合アウトドア用品メーカーです。
辰野勇氏とその山仲間で設立されました。

創業以来のコンセプトが「Function is Beauty(機能美)」と「Light&Fast(軽量と迅速)」。
そのコンセプトに沿って開発される製品は、優れた機能性、デザインを両立させており、とても高い評価を受けています。

モンベルのシュラフ(寝袋)とは?

モンベルのシュラフは、キャンプ初心者からエキスパートまで幅広いキャンパー、アウトドア派にとても人気です。
その用途は、オートキャンプから本格的な登山まで、さまざまなアウトドアシーンで活躍します。
人気の秘密が、モンベル創業者である辰野氏の理念からつくられた優れた機能性とデザイン。
徹底的にこだわ抜かれたシュラフだからこそ、長い間愛用され続けているのですね。

モンベルシュラフの選び方3つのポイント

それでは、モンベルのシュラフを選ぶする際のポイントを押さえておきましょう。

伸縮性で選ぶ

モンベルのシュラフの特徴のひとつが、優れた伸縮性です。
2種類のストレッチシステムについてご説明します。


●スーパースパイラルストレッチシステム
生地の繊維を斜めに配置し、ステッチ部に糸ゴムを使用することで、伸縮率135%と、常識を覆すほどの伸縮性を実現しています。

この伸縮性のおかげで、シュラフの中で脚を曲げたり寝がえりをうったりと、快適に眠ることを可能にしています。

多くの4シーズン対応可能なモンベルのシュラフに採用されており、身長170㎝以上の方におすすめです。


●スパイラルストレッチシステム
上記でご説明した「スーパースパイラルストレッチシステム」にくらべ、ゴムなどの伸縮素材を採用していないこともあり、若干、伸縮率は下がります。

伸縮率は120%と、伸縮に優れているのには変わりはなく、自然なストレッチ性と相まって、快適に寝ることができます。
身長170㎝以下の方におすすめです。

ダウンか化学繊維綿かを選ぶ

モンベルのシュラフには、「高品質ダウン」を使用したシュラフ、「エクセロフト」という化学繊維綿を使用したシュラフがあります。
それぞれの特徴をチェックしておきましょう。


●ダウン
軽く小さいが、高価格。

●エクセロフト
重く大きいが、低価格。お手入れもしやすい。

使用する時期で選ぶ

モンベルのシュラフには番号が設けらており、大きい数字ほど暑い季節向け、小さいほど寒い季節向けとなっています。


●夏山や夏のキャンプ
#5~#7

●冬山や極寒の時期
#0、#1

●3シーズン登山やキャンプなど
#2、#3
 

FP(フィルパワー)で選ぶ

モンベルのシュラフは、中綿の数値で保温性能が異なります。
数値が大きいほど、保温性能に優れますが、一般的には「550FP」以上あれば、高品質とされています。

モンベルシュラフのお手入れ方法

末永く愛用したいのであれば、メンテナンスは欠かせません。
シュラフは、ダウンと化学繊維綿とではお手入れ方法も異なりますので、注意してください。
 

ダウンのシュラフのお手入れ方法

ダウンのシュラフのお手入れは、手洗いをすることがポイントです。
  1. 浴槽にぬるま湯をはって、薄めた中性洗剤を入れる。
  2. ぬるま湯にシュラフを浸します。この際、ファスナーは閉めておきます。
  3. 足や手を使い、押し洗いとすすぎを数回繰り返します。
  4. 汚れが落ちましたら、脱水は洗濯機でおこないます。
  5. 最後に乾燥機を低温に設定し、乾かします。

化学繊維綿のシュラフのお手入れ方法

化学繊維綿のシュラフは洗濯機で洗うことができます。
  1. ファスナーを閉めて洗濯機に入れます。洗剤は、家庭用洗剤で大丈夫です。
  2. 通常の洗濯同様、洗濯・すすぎ・脱水をおこないます。
  3. 外で、直接日光を当てないよう陰干しをして終了です。

化学繊維綿シュラフのたたみ方

ダウンのシュラフは、収納袋に押し込むだけですが、化学繊維綿のシュラフの収納は少し異なります。
ポイントを押さえておきましょう。


●化学繊維綿のシュラフはたたんで収納します。
●最初に縦に2つ折りします。
●端から、くるくると巻くように丸めていきます。
●きれいに折りたためたら、収納袋に入れましょう。
 

モンベルのシュラフ 厳選おすすめ7選!

それでは、おすすめのモンベルのシュラフを厳選してご紹介します。

トータルバランスに優れたロングタイプシュラフ

モンベルの伸縮性技術をふんだんに盛り込んでおり、抜群の暖かさを実現しています。
夏の高山キャンプ、冬のキャンプなど季節を通じて使うことができる、トータルバランスに優れたシュラフです。
  • 素材:800フィルパワーEXグースダウン
  • 重量:1,310g
  • 収納サイズ:20×40(㎝)
  • 快適睡眠温度域:-16℃~
  • 使用可能限界温度:-31℃

圧倒的な保温力!極寒期に最適シュラフ

南極などの極寒地でも使用に耐えられる極寒地向けシュラフです。
すき間のないフィット感ながら、就寝中の体の動きも軽やかにおこなえ、常識をくつがえす寝心地を体験できるでしょう。

素材:800フィルパワーEXグースダウン
重量:1,570g
収納サイズ:22×44㎝
快適睡眠温度:-23℃~
使用可能限界温度:-40℃

究極の保温性・軽量性・快適性!フラッグシップモデル

スーパースパイラルストレッチシステムの採用により、抜群の伸縮性を実現しています。
加えて、究極の保温性能と軽量性に優れており、快適に眠ることができるシュラフです。
長期保管用のストリージバッグが付属されています。

表地:8デニールバリスティックエアライト
重量:387g
快適睡眠温度:10℃
使用可能限界温度:5℃

女性におすすめ!軽量シュラフ

女性が快適に就眠できるよう設計された、女性専用シュラフです。
女性の体形に合わせた独自パターンを採用しており、無駄をスピースを最大限に省くことで、効率的に保温性能を高めます。
1年を通じて使用できるオールシーズンシュラフです。

表地:10デニールバリスティックエアライト
収納サイズ:13×27(㎝)
重量:557g
快適睡眠温度:3℃
使用可能限界温度:2℃

コスパに優れた化学繊維綿シュラフ

優れた保温性能と速乾性に優れたシュラフでありながら、低価格を実現しているコストパフォーマンスに優れたシュラフです。
スパイラルストレッチシステムにより、軽量かつ伸縮性を可能にしており、リラックスした寝心地を体感できるでしょう。

表地:40デニールスーパーマルチ・ナイロン・タフタ
収納サイズ:17×34(㎝)
重量:1012g
快適睡眠温度:7℃
使用可能限界温度:2℃

化学繊維綿「エクセロフト」採用シュラフ

メンテナンスがしやすい化学繊維綿「エクセロフト」を採用したシュラフです。
スパイラルストレッチシステムによって、軽く緩やかな伸縮性を実現しており、快適に眠ることができます。

表地:40デニールスーパーマルチ・ナイロン・タフタ
収納サイズ:16×32(㎝)
重量:838g
快適睡眠温度:10℃
使用可能限界温度:5℃

車中泊にもおすすめ!スリーピングバッグ

キャンプでの使用はもちろんのこと、車中泊などにも最適な封筒型スリーピングバッグです。
速乾性に優れており、車中泊で寝汗をかいても、すぐに乾き保温力を回復します。

表地:75デニールポリエステルタフタ
中綿:ホローファイバー繊維
収納サイズ:45×28×28(㎝)
重量:1560g
快適睡眠温度:-1℃~

まとめ

快適な寝心地を与えてくれるモンベルのシュラフ。
さまざまなタイプ、使用するシーンに合わせて選択することが重要です。
ぜひこの記事を参考にしていただき、ご自身にピッタリなモンベルのシュラフを見つけてくださいね。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • kojiabe

    自然を愛してやまないWebライターです。 アウトドアに関する有意義な情報をお届けします。

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ

キーワード

キーワード一覧