更新:2018.07.09 作成:2018.06.29

ガスランタンの定番、コールマン・2500ノーススターLPガスランタンを使ってみよう!

ガスランタンの定番と言えばコールマンの「2500ノーススターLPガスランタン」ですね。今からランタンを検討しているという方に、実際の使用感をご紹介します!使い方やレビューなど参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガスランタンとは?

ランタンの燃料には「ガス」「ガソリン」「灯油」「LED(電池)」などがあります。キャンプの夜の明かりの確保がランタンの目的ですが、ガス・ガソリンはテントサイト全体を照らす用、灯油・LEDランタンは卓上やテント内を照らす用と別れています。本記事ではテントサイト全体を照らすガスランタンの定番・コールマン、2500ノーススターLPガスランタンをご紹介します。

ランタンの明るさ

ランタンには「ルーメン」や「ワット」で表記している照度があります。ガス・ガソリンランタンは非常に明るく、テントサイト全体を照らすことができますが、灯油とLEDは暗く、テントサイト全体を照らす照度が足りません。逆にガス・ガソリンランタンはテント内では火器のため使用できないため、LEDランタンを使います。

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンとは?

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンとはどんなランタンか?

言わずと知れたアメリカのアウトドアメーカー・コールマンの定番のガスランタン。200wの明るさで、テントサイト全体を明るく照らします。使い方も簡単で、パーツが破損したり、ランタンが点灯しなくなっても、パーツ交換や修理が可能で長く使え、多くの人に愛されているランタンです。

特徴

サイズ   :約直径145×高さ260mm
重量    :約1.3kg
材質    :スチール 他
明るさ   :約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時/約1543lm)
燃焼時間  :約4~8時間(470g缶使用時)
使用マントル:95型
使用グローブ:R000B043J
付属品   :ソフトケース
点火方法  :自動点火装置(イグナイター)付き
Item
コールマン 2500ノーススターLPガスランタン

色違いでカラー:レッドも販売されています。

Item
コールマン マントル 95型

2500ノーススターLPガスランタンの専用マントルです。このマントル以外は取り付け方法が異なるため、取り付けることができません。

Item
コールマン 純正LPガス燃料 Tタイプ 470g

他に230gというサイズが販売されていますが、キャンプに使うには足りないため、470gを用意するようにしましょう。

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンの使い方

ガスランタンの点火方法を解説します。最初はめんどくさく感じてしまうかもしれませんが、慣れてしまえば非常に簡単です。

マントルとは?

「マントル」とはランタンの発光体のことを指します。このマントルが光ることにより、ランタンの点火は完了します。布のような生地感のため使ったことのない方は「これが光るの?」と思ってしまうかもしれませんが…光ります。

マントルの空焼きの手順

点火する前に発光体であるマントルの「空焼き」を行います。
この空焼きを行いマントルを炭状にしないと、マントルは光りません。
①マントルをランタンに取り付けます。
②チャッカマンやライターでマントル全体をあぶります。
③マントルが縮み、全体が炭状になったら完成です。
 炭状になったマントルは触るとやぶれてしまうため、破れないように扱いましょう。

点火方法

マントルの空焼きが終わったら、いよいよ点火します。
①コールマン専用の470gガス缶を取り付けて、ガス調節レバーを半分ほど開けます。
 ガス調節レバーを開けると「シュー」というガスが放出されている音がします。
②「シュー」という音がしたら、自動点火ボタンを押します。
 1回で点火しない場合は数回押します。
 それでも点火しない場合はライターをマントルに近づけて着火しましょう。
③マントルが光れば完了です。お好みで光量を調節しましょう。

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンの明るさ

画像はユニフレーム・REVOタープ(4~6人用のヘキサタープ)使用時で、光量を最小にした場合の明るさです。充分な明るさを確保できています。
コールマン・2500ノーススターLPガスランタンの明るさは150wです。
4~6人用のタープ内とサイト全体を照らせる程度の明るさです。少人数で使用する際は、光量を小さくして使用すればガスの使用する量を節約することができます。

おすすめポイントと注意点

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンの使用感をご紹介します。
私自身、年に3~4回10年程度使用していますが、1度グローブが割れてしまったぐらいで、点灯しなくなるなどのトラブルはありません。まだまだ現役でこれからも使い続けます。

おすすめポイント①:明るい!

私は4~6人用のヘキサタープとテントを設営し、このランタン1つをサイト全体用としていますが、充分な明るさでまぶしいくらいです。むしろ光量を最小程度にして明るすぎず使用しています。あとはテーブルの上に小さいテント内兼用のLEDランタン1つと、焚き火の炎があれば十分です。

おすすめポイント②:点火方法が簡単

私は自宅で空焼きを行ってから、翌日にキャンプ場に持っていくようにしているので、キャンプ場ではガス缶をセットして、ボタンを押すだけスピーディーに点火できます。キャンプ場では料理や焚き火やおしゃべりなど、やることはいっぱいなので空焼きは前日に自宅で済ませると便利です。

おすすめポイント③:光量とガス缶の使用量

470gのガス缶を夕方6時から11時ころまでの5時間使用すると、光量最大で使用地にはほぼ全て使い切ってしまいます。私自身は最小の光量で使用していますので、ガス缶は1/3程度は残ります。最大の光量でなくとも十分に明るさは確保できますので、テントサイトの広さに応じて光量を調節するようにしましょう。
2泊以上するときはガス缶を2つ用意することをおすすめします。

注意点:虫はどうしても寄ってくるので虫よけで対策

あまり気にはしませんが、虫はどうしても寄ってきます。グローブの中に虫が侵入していることもしばしばありますが、ガスランタンは虫集めの役割も果たすため、しょうがないですね。細かい虫は翌朝撤収するときに取り除いています。

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンのお手入れ

ここではコールマン・2500ノーススターLPガスランタンのお手入れ方法をご紹介します。

マントルが破れてしまったら

マントルが破れてしまったら、そのマントルはもう点灯しなくなってしまいます。逆に言えば破れさえしなければ使い続けられます。
破れてしまった場合は取り外して、新しいマントルを装着するようにしましょう。

汚れは落とそう

使い終わって朝になると、マントルの灰や虫が付着しています。細かい塵がジェネレーターに詰まってしまいますので、ゴミや汚れは取り除くようにしましょう。

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンの修理

コールマンのランタンは不具合が起きたら修理が可能です。その場合は購入店に一度連絡するようにしましょう。またパーツの販売だけならコールマン取扱店でも購入することができます。購入して自分で交換することも可能ですが、自信が無ければ販売店に持ち込んでみましょう。

別売りパーツ

コールマン グローブ#2000 2000-750J用

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンの専用グローブ(ガラス部分)です。ランタン本体には割れ防止のフレームがついていますが、落としてしまうと割れてしまう場合があります。キャンプ用品店なら販売されていますので、割れてしまったら交換しましょう。

コールマン・2500ノーススターLPガスランタンでキャンプを楽しもう!

いかがでしょうか?
コールマン・2500ノーススターLPガスランタンはキャンプ初心者から、ヘビーユーザーまでおすすめのランタンです。破損してしまってもパーツさえ交換すれば長く使え、愛着も湧いてきます。凡庸性も高く、長く使えるこのランタンでキャンプライフを楽しみましょう!

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • genki

    春~秋はキャンプ・登山、冬はスノーボードと、アウトドアをこよなく愛するWebライターです!常に穴場のキャンプ場や、次に登る山を探す毎日……。皆さんの知りたい情報を分かりやすくお伝えします!

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ

キーワード

キーワード一覧