更新:2017.12.27 作成:2017.12.24

おしゃれな演出が出来るピクニックラグ&レジャーシート12選

「ラグ」に拘っておしゃれピクニックを楽しみませんか?今回は、レジャーシートの上手な選び方から、人気のラグ、更におしゃれに演出する方法までをご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. ピクニックラグ(レジャーシート)の選び方
  2. おしゃれに差がつくピクニックラグ
  3. ピクニックラグをより素敵に演出するには?
  4. まとめ
子供から大人まで楽しめるピクニック!せっかくならお洒落に演出したいものですよね♪

でも色々揃えるのは大変・・そんな時は必需品となる「ピクニックラグ」で差をつけましょう♡今回は、ピクニックラグの選び方から、おすすめのピクニックラグ、更にお洒落なラグの楽しみ方までをご紹介します!

ピクニックラグ(レジャーシート)の選び方

大きめサイズでコンパクトに持ち運べるものを。

ピクニックラグのサイズ選びでは、ちょっと大きめサイズを選ぶのがポイント!座るだけでなく、寝転がったり荷物を広げたりする時にゆとりがあれば、それだけで快適度はアップします♪

更に「コンパクトに収納出来て、持ち運びやすいか」も確認しておきましょう。”持ち手付き”ならバッグに入らなくてもそのまま楽に移動できて便利ですよ◎

機能性と座り心地もチェック!

うっかりドリンクや食べ物をこぼす。芝生や湿気で濡れるたり土が付着する。など、濡れたり汚れたりする事もあるので防水・撥水などの加工が施されたものが安心です◎

また、場所によっては薄手のシートでは座り心地が悪く苦痛に感じることもあるので、クッション性のあるものを選んでおくと快適に過ごせますよ♪

おしゃれに差がつくピクニックラグ

●ツイードミルのレジャーシート(ビーチラグ)

秋冬にも最適なフリース素材のビーチレジャーマット !発色の良い赤がおしゃれですね♪

裏地は、防水効果のある強化ナイロン製で、コンパクトにそのまま持ち運べる優れものですよ◎

●MANATSULIFEの レジャーシート

存在感抜群の総柄デザイン!しかも、表地は撥水性にも優れたふんわりとした起毛。裏地は防水性&断熱性の高いアルミ被覆のポリエチレン素材。

更に、クッション性のある厚手スポンジ入りという機能性にも優れた逸品です◎

●ツイードミルのシングルレジャーラグマット

防水の強化ナイロンの裏地がついた、持ち手付きシングルレジャーラグマット!

生地には「新羊毛」が100%使用されているので、冬はあたたかく。夏は風通しも良く快適に使える万能ラグですよ◎

●COVEのレジャーシート

おしゃれさんも納得のヴィンテージ感漂うチェックの厚手ラグ!コーデもしっかり楽しめそうですね♪

表地には「高品質フランネル素材」が採用されタフなオックスフォード仕様。裏面はPEVAで防水仕様になっています◎

●SPICEのバカンスマット

芝生にも映えるカラフルな軽量&持ち手付きのバカンスマット!

サラッとした触り心地と、厚みがあり座り心地抜群のクッション性が人気のアイテム♪防水素材が採用されているので場所を選ばず活用できます◎

●LOGOSのピクニックサーモマット

80×70cmのテーブルに4人で座る時にもマストなサイズ感のラグ!

表は肌ざわりの良い起毛。裏は遮熱性の高いPEアルミ蒸着加工。更に薄いスポンジ入りでクッション性も兼ね揃えています◎ピクニックは勿論テント内でも重宝しそうですね♪

●紙素材のレジャーシート

気軽にサクッと楽しみたい時には、100%再生紙でつくられた超軽量のピクニックラグもおすすめ!

裏面はポリエチレンラミネート加工が施されているので濡れた芝生でも安心◎3サイズ×幅広いデザインで展開されていますよ♪

●BRUNOのレジャーシート

爽やかなストライプデザインの持ち手付きピクニックラグ!

表はポリエステル素材で、内部は座り心地も良いクッション性のある二層構造◎同デザインでクッション・トート・ガーランドなども展開しているのでシリーズで楽しむのも良さそうです♪

●ラウンドマット

お洒落感を出したい時にも要チェックのラウンド型!

超軽量&シワになりにくいポリエステル素材なので、クッション性はあありませんが、海でピクニックをする際に砂がつきにくいのでお手入れが非常に楽ちんです◎

●FIELDOORの 折りたたみレジャークッション&マット

アウトドア感と機能性を兼ね揃えた逸品!

軽量でクッション性も抜群な上、汚れも拭き取るだけで落とせます◎シュラフの下に敷いたり、枕にしたり。本格的なアウトドアまでひとつで楽しみたい方にもマストなアイテムですね♪

ピクニックラグをより素敵に演出するには?

●レジャーシート×ブランケット

ラグとしても使えるサイズ感のお洒落ブランケット♪だけど裏地が防水じゃない・・そんな時は、レジャーシートを下に一枚プラスするだけでOK!

この方法ならさらにお洒落の幅も広がりますね!寒い日は保温性&撥水性を兼ね揃えたものがおすすめですよ◎

ピクニックラグ×クッション

荷物は増えますが、このようにラグのデザインに合わせた「クッション」を加えるだけでも、オシャレ感と快適度はグンとアップしますよ♪

海外風の雰囲気が楽しめるのでフォトジェニックな写真が楽しみたい時にも◎

●ピクニックラグ×チェア

もっと実用的に楽しみたい!そんな時にはコンパクトに運べる「チェア」を加えてみましょう♪

チェアの座面はお洒落なデザインも多いですし、ラグとシリーズで販売されている事も多いのでコーディネートしやすいのでは♡

まとめ

いかがでしたでしょうか?ピクニックラグといっても、これだけお洒落なデザインで機能性も兼ね揃えたアイテムが豊富に販売されています!

しかも。ちょっとアイテムを追加するだけで洗練された雰囲気を出す事が出来るので、インテリア感覚でコーディネートするのも楽しみのひとつ♪

ぜひ、お気に入りのラグを見つけてピクニックを更に楽しまれてください♡

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • Ash

    自分でたのしみながらキャンプ情報を発信できたらと思います!

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ