更新:2018.11.2 作成:2018.10.26

人気沸騰中!アンティーク風ランタンのおすすめ5選!

キャンプサイトのテーブルやラックの上にあると、レトロな雰囲気が出るアンティーク風ランタン。ガス・ガソリンランタンと違い使い方は簡単で低価格、インスタ映えも間違いなしのアイテムで、自分のサイトをおしゃれにしませんか?本記事ではそんなアンティーク風ランタン魅力やおすすめ商品をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. アンティーク風ランタンとは?
  2. アンティーク風ランタンのおすすめポイント
  3. アンティーク風ランタンおすすめ5選!
  4. ①ロゴス(LOGOS)キャンドルランタン
  5. ②コールマン(Coleman)ルミエールランタン
  6. ③スノーピーク(snowpeak)リトルランプ ノクターン
  7. ④キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)アンティーク暖色LEDランタン
  8. ⑤フィールドア(FEILDOOR)アンティークLEDランタン
  9. 自分でも作れる!アンティーク風ランタン!
  10. アンティーク風ランタンで、インスタ映えするキャンプサイトを作ろう!

アンティーク風ランタンとは?

今流行りのアンティーク風ランタン!比較的小型で、テーブルの上に置いて使うとキャンプの雰囲気を盛り立ててくれるアイテムです。アンティーク風ランタンとは特に定義はありませんが、本記事では「アンティークなデザインで電池や固形燃料で手軽に楽しめるもの」にフォーカスしてご紹介します!

アンティーク風ランタンのおすすめポイント

①レトロなデザインで雰囲気が良い

アンティーク風ランタンは、サイト全体を照らす明るさはありませんが、テーブルの上や手元をぼんやり照らすことに向いています。真っ白ではなく、オレンジ色の暖かい光で狭い範囲を照らしてくれます。蛍光灯のような白色で光量が明るすぎてしまうと、キャンプの雰囲気も削がれてしまいますね。

②LEDや固形燃料で使い方簡単!

アンティーク風ランタンの多くは、固形燃料や灯油、LED(電池)ランタンが多く発売されており、ガス・ガソリンと違い面倒な操作は必要ありません。キャンプ初心者の方でも簡単に扱うことができるため安心です◎初めてキャンプに行くという方にもおすすめです!

③キャンプだけでなく、自宅のインテリアでも使える!

アンティーク風ランタンはキャンプシーンだけでなく、自宅のリビングのインテリアとしても使えます。LEDタイプなら非常用としても使え、ラックに置いているだけでもインテリアとしても役割を十分果たしてくれます。

アンティーク風ランタンおすすめ5選!

それではキャンプ初心者の方でも気軽に使える、おすすめのアンティーク風ランタン5選をご紹介します!ぜひ参考にしてみてください!

①ロゴス(LOGOS)キャンドルランタン

基本情報

サイズ :高さ95mm(取っ手は含みません)
燃料  :固形燃料、アロマキャンドル

おすすめポイント

固形燃料やアロマキャンドルに火をつけるだけの、ロゴスのキャンドルランタン。サイズが小さいため、サイドテーブルなど小さいテーブルの上においても邪魔になりません。市販のものではありそうでないゴールドのカラーもキャンプサイトで映えます。価格もお手頃価格で複数購入して、サイトの地面に置いて演出する使い方もできます◎
 

②コールマン(Coleman)ルミエールランタン

基本情報

サイズ :高さ183mm
燃料  :コールマン専用LPガス
点灯時間:28~38時間
 

おすすめポイント

コールマンの専用ガスを使用して点灯するルミエールランタン。ランタンのようにマントルではなく、ろうそくの火が灯るようなタイプで明るすぎず、テーブル上をそっと照らしてくれます◎ガスタイプなのにレトロなデザインで人気を集めています。ガス缶部分が気になる方は、市販のガス缶カバーで隠せば、雰囲気もまた変わります。

③スノーピーク(snowpeak)リトルランプ ノクターン

基本情報

サイズ :高さ105mm
燃料  :スノーピーク専用LPガス
点灯時間:15~71時間

おすすめポイント

洗練されたデザインの中にもどこかレトロ感を感じるスノーピークのガスランタン。着火はガラス部分下部の穴に、チャッカマンなどを近づけるだけの簡単操作。またサイトを照らすメインのランタンの残りのガス缶など、消火に困っているガス缶でも長時間の点灯が可能な省エネランタンです。シンプルなデザインで、ご自身のキャンプサイトにスノーピークを取り入れてみたい方にもおすすめです。

④キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG)アンティーク暖色LEDランタン

基本情報

サイズ :高さ220mm(取っ手は含みません)
光源  :LED(暖色)
燃料  :単三電池4本
点灯時間:8~24時間

おすすめポイント

電池ランタンなので、自宅でも車の中でも使えるキャプテンスタッグのLEDランタン。ハンマートン塗装がされているためレトロな雰囲気で、暖色系のオレンジ色に点灯するため蛍光色のまぶしさがありません。明るさはテーブル卓上程度で、焚き火の際のサイドテーブル用としても使えます。低価格で気軽に楽しめ、簡単操作でキャンプ初心者の方にもおすすめです!カラーはハンマートンレッド、ハンマートンブラック、ハンマートングリーンの3色展開。
 

⑤フィールドア(FEILDOOR)アンティークLEDランタン

基本情報

サイズ :高さ270mm(取っ手は含みません)
光源  :LED(暖色)
燃料  :単一アルカリ乾電池2本
点灯時間:約100時間

おすすめポイント

グリーンのボディが存在感のあるフィールドアのアンティーク風ランタン。カラー展開がアンティークグリーン、アンティークレッド、アンティークシルバーの3色展開されていますが、いずれもレトロなデザインで、味のあるキャンプサイトにピッタリです。火器を持ち込めないテント内でも眩しさを感じない暖かい光がテント内を照らします。

自分でも作れる!アンティーク風ランタン!

光量のすくないランタンなら自分でも作ることができます。燃料は固形燃料やキャンドルを利用することが一番簡単です。キャンプインスタグラマーのitofam.chiiiさんはおしゃれなアンティーク風のランタンを身近なもので自作し、キャンプで活用しています!その中の一部をご紹介します!

@itofam.chiiiさんの活用例①:ガラス瓶にキャンドルを入れる

すぐに真似できる活用としてガラス瓶があります。ガラス瓶に市販の固形燃料やキャンドルを入れて着火するだけの簡単キャンドルランタン。ガラス瓶は雑貨屋さんなどでアンティーク雑貨として販売されているため、ガラス瓶を探すことも楽しくなります。またキャンドルやガラスの色を変えてみるなどバリエーションも無限にあります。

@itofam.chiiiさんの活用例②:リースを使ってみる

グラスにキャンドルを入れて、グラスの下にリースを設置するありそうでなかった使い方。リースは市販のものを、グラスのサイズに合わせて購入すればOK簡単テクニック。アンティーク調の雑貨やリースはウッドテーブルとの相性も良く、夜点灯すると雰囲気が出ます。逆にアルミ製やメラミン製の天板だと相性が悪い場合もあるため気をつけましょう。

アンティーク風ランタンで、インスタ映えするキャンプサイトを作ろう!

アンティークなデザインでキャンプでも、自宅でも大活躍なランタンは一つあると本当に便利で、キャンプサイトに花を添えてくれます!いつものキャンプがマンネリしてきた方や、キャンプ初心者の方にもおすすめで、サイトの雰囲気を変えてくれます!
ぜひアンティーク風ランタンを試してみてください!

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • genki

    春~秋はキャンプ・登山、冬はスノーボードと、アウトドアをこよなく愛するWebライターです!常に穴場の...

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ