更新:2019.3.14 作成:2019.3.13

スタンレー マスターシリーズの真空ボトルで、夏は冷たく・冬は温かな飲み物をそばに置く喜びを

アウトドアシーンにおいてひときわ強い存在感を放つ「スタンレー」の真空保温ボトル。100年以上の歴史を持つ老舗メーカーが提供する数あるラインアップの中でも、特に耐久性と保温保冷性能が優れた「マスターシリーズ」の魅力を、約2年使っている経験も踏まえ解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. スタンレー「マスターシリーズ」とは?
  2. マスターシリーズのここがスゴイ
  3. 温かい飲み物は温かいまま、冷たい飲み物は冷たいまま
  4. 豊富な5種類のラインアップ。カラーはマットブラックのみ。
  5. 頑丈で保温保冷性能が高い分、重量があるので要注意
  6. アウトドアだけではなく、自宅やオフィスで使ってもOK

スタンレー「マスターシリーズ」とは?

スタンレー(STANLEY)は、1813年にアメリカで生まれ100年以上の歴史を持つスチール真空ボトルのメーカーです。その製品は真夏には冷たい飲み物を、真冬には温かい飲み物をいつでも楽しむことのできる喜びをもたらしてくれます。2019年3月現在5シリーズ展開されている中でも2017年に新しくラインアップに加わった「マスターシリーズ」は「ワイルド&タフ」を合い言葉に、プロ中のプロの為に生まれたとされる頑丈さと高い保温保冷能力に特徴を持つラインです。

マスターシリーズのここがスゴイ

存在感のあるデザインと高い基本性能を誇るスタンレーの保温保冷ボトルですが、特にマスターシリーズはラインアップ中でも随一の強力な保温・保冷性能を備えています。その特徴は、公式サイトでは次のように説明されています。
 

  • 最新技術Quadvac(真空四層構造)により、業界の常識を覆す保温保冷性能を実現
  • 真空部分が他社製品より60%広い内部構造
  • スチール加工された中栓。中身がプラスチックに触れず、匂いうつりしにくい
  • 保温保冷性能のある、18/8ステンレススチールコップ
  • 頑丈で滑りにくいシリコン加工のハンドル

存在感のあるデザインだけではなく、その内側に秘められた多層構造、使い勝手に配慮されたハンドルなど、長年の歴史に裏打ちされた、こだわりの技術やノウハウが随所に発揮されている逸品です。

温かい飲み物は温かいまま、冷たい飲み物は冷たいまま

これらの特徴のおかげで、たとえば冬キャンプで夜に沸騰したお湯を満たしてしっかり蓋を締めておくと、翌朝でもまだお湯の熱さを感じることができます。この保温力のおかげで翌朝でもお湯を沸かさずすぐに粉末スープやティーバッグの紅茶を入れられるのはありがたいです。

また本体の保温保冷力はもちろんのこと、カップだけでも保温保冷性に優れているのも嬉しい特徴です。カップは底になる部分にシリコン加工がされているので滑りにくく、熱を伝えにくい効果もあります。マスター真空ボトルの場合、24時間後でも保温で71℃以上、保冷で7℃以下を保ってくれます。

豊富な5種類のラインアップ。カラーはマットブラックのみ。

スタンレー マスターシリーズは容量0.23L〜1.3Lまで5種類のラインアップが用意されています。(2019年3月現在)

マスター真空ボトル 1.3L

マスター真空ボトル 0.75L

マスター真空フードジャー 0.7L

マスター真空マグ 0.53L

マスターフラスコ 0.23L

無骨でタフなデザイン

ぱっと見て気づくのは、つや消し黒一色の、無骨かつ精悍な出で立ちです。独特のマットブラックのボティに触れると、手触りがざらざらしています。この表面加工により、素手でもグローブをしていても滑りにくい持ちやすさと、適度に滑ることによる取り回しのしやすさが高いレベルで両立されています。このマットブラックの精悍なボディは、マスターシリーズならではの特徴です。

選べるサイズ展開

ポケットにそっと忍ばせるなら0.23Lのマスターフラスコ、登山のリュックに入れておくなら0.53Lのマスター真空マグ、ファミリーキャンプのメインに使うなら1.3Lのマスター真空ボトル、1,3Lだと少し大きすぎるようならひとつ下の0.75Lと、利用シーンに応じてサイズを選ぶことができます。複数手元に用意しておくと、色々なシチュエーションに対応することができますね。

頑丈で保温保冷性能が高い分、重量があるので要注意

ひとつ注意があるとすると、それは「大きく重い」という点です。マスターシリーズは金属製の4層構造、中栓やカップにも金属が使われており、また高所から落としても壊れないタフさのためにとても分厚くなっています。その性能を発揮するためには、どうしてもある程度の重量はやむを得ないのだと考えられます。

登山用や街中用の軽量ボトルとは明らかに一線を画す重量級ボディは、実物を見かけたら、ぜひ手にとって確かめてみるとよいでしょう。

アウトドアだけではなく、自宅やオフィスで使ってもOK

抜群の保温保冷性能、無骨で精悍なデザイン、ちょっとやそっとでは傷つかないタフなボディ。この魅力はアウトドアではもちろん、キャンプ場だけで使うにはもったいないといえます。

自宅のキッチンに、リビングの片隅に、あるいはオフィスや勉強部屋に。熱々のお湯を入れておけば、いつでもお湯を使えて便利。冷たい飲み物はいつでもキンキンに冷えています。

スタンレー マスターシリーズのボトルをそばに置いておけば、いつでもどこでもアウトドア気分を楽しむことができそうです。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • htag

    ファミリーや父子2人、ソロでのオートキャンプ、登山、モータースポーツが好きです。1年中楽しんでいます。

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載

【製品紹介】究極にコンパクトを追求した21gのコーヒードリッパー

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ