更新:2019.4.12 作成:2019.4.1

コールマンの2019年新作テントを総まとめ

「coleman」キャンプをしない人も一度は耳にしたことがあるでしょう。
様々なアウトドアブランドが増えた近年。
そんな中、
絶えずキャンプグッズに特化してモノづくりをしている「コールマン」。
今回はそんなコールマンから2019年の新作テントについてご紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. コールマンの新作テントがいいとこ取り!
  2. これまでのコールマンテントとの違い
  3. その他のコールマン2019年新作ラインナップ
  4. これからは迷わずコールマンを選ぼう!

コールマンの新作テントがいいとこ取り!

これまでコールマンでは機能面や価格帯などで「初心者向けシリーズ」「ウェザーマスターシリーズ」「タフシリーズ」といったカテゴリー別に商品をリリースしていました。

今回の2019年新作テントはフルスペックといっても過言でないほど、これまでのシリーズのいい部分を凝縮したモデルです。
「軽さ」「頑丈さ」「設営の簡単さ」あらゆる部分でバランスが取れており、ベテランキャンパーでなくとも新作を購入すれば、いかなるキャンプをも可能にするくらいのスペックが備わっています。

まさに全てのカテゴリーにおすすめできるテントです。

それでは早速、2019新作モデルのテントを紹介してまいります。

トンネル2ルームハウス/LDX+

4〜5人を収容するキャパシティの大型ドームテントです。
こちらのテントはなんと90%も日光を遮断してくれる「ダークルームテクノロジー」機能。
夏場の強い太陽にも負けない作りで、室内の温度の上昇を抑えてくれます。
また、外気を取り入れる際も両サイドに扉がついており、臨機応変に外気を取り込むことができます。
「ひさし機構」と言われる、入り口などに屋根がついている構造になっており、雨天時などにも窓を閉めずに快適に過ごせる仕様に。

柱にはアルミ合金が使われており、強風にも絶えられる仕様。
大型のテントは雨や風を受けやすいので、安心感は必須です。
こちらのテントは吊り上げ式で耐久性に不安を感じるかもしれませんが、心配せずに使える優れものです。

スペック

・耐水圧3000mm
・定員〜5人
・室内の仕様 前室、メッシュドア、ストームガード、メッシュポケット、ランタンハンガー、コード引き込み
・付属品 ロープ、ハンマー、ペグ、収納ケース
・価格 97,986 in-tax

・ダークルームテクノロジーにより落ち着きのある雰囲気に。

エクスカーションティピー/325+ スタートパッケージ

先ほどご紹介したタイプのティピー型テント。
こちらも同様に「ダークテクノロジー」仕様。
小型テントなのですが、前室付きの室内でゆったりとしたスペースを確保。
空きスペースには荷物やシューズを置くことも可能に。
また、設営もポール1本で立ち上げられる仕組みで一人での組み立ても簡単です。
テント上部には、日光を取り込めるように「クリアルーフウィンドウ」が付いており、
外の様子を確認したり、外気を取り込むこともできます。

コンパクトながら、最大の収容は3〜4人を収容する優れものなこちらのテント。
設営もすごく簡単なこともあり、複数人のキャンプだけではなく「ソロキャンプ」にも最適で、
これからソロキャンプにも挑戦する方にもおすすめです。

 

スペック

・耐水圧3000mm
・定員〜4
・室内の仕様 前室、メッシュドア、ストームガード、メッシュポケット、ランタンハンガー、コード引き込み、クリアルーフウインドウ
・付属品 ロープ、インナーシート、ペグ、収納ケース
・価格 37,113 in-tax
 

これまでのコールマンテントとの違い

ダークルームテクノロジー

これまでのテントとの大きな違いは「ダークルームテクノロジー」です。
従来のコールマンのテントよりも日光の遮断率を飛躍的にアップし、これまで以上に涼しさに配慮しています。
その最大温度差は夏場で約13℃も異なります。

写真上が「ダークルームテクノロジー」を搭載した室内。
写真下が通常テントの室内です。

その差が一目瞭然ですよね。
室内がしっかりと暗くなっている為、落ち着いて睡眠も取れます。
朝日が眩しくて目がさめるといったことも無くなるでしょう。

「暑くて不快」「眩しくて落ち着かない」
そういったことに悩まされることも無くなるはずです。

その他のコールマン2019年新作ラインナップ

パーティーシェードDX/300+

サイドウォールなし

サイドウォールあり

テント同様「ダークルームテクノロジー」を搭載したシェードです。

こちらのシェードは一人でも設置可能な、自立式でとても便利。
また、状況や使い方に応じて高さも3段階に変更ができるので、
様々なシュチュエーションにも対応できます。

別売りのサイドウォールを取り付ければ、照り返しと日差しをより遮断できます。
「バーベキュー」や「お花見」など様々な用途に使ってみましょう!!

スペック

・耐水圧3000mm
・室内の仕様 ランタンハンガー
・付属品 ロープ、ペグ、収納ケース
・価格 27,294 in-tax
 

360° サウンド&ライト

こちらのライトは光を灯しながら5時間も連続で音楽再生ができる優れもの。
ライト自体は3段階に調節が可能で、防水機能もしっかりと付いています。
音楽再生はBluetooth対応で、スマートフォンひとつあれば様々な音楽を楽しむことができます。

テントの室内や食事の際にテーブルに置いておくのも良し。
外の空気を吸いながら、音楽を楽しむのも良し。
あらゆるシーンで活躍が期待できます。
値段もそこまで高くないので、一つ持っておきましょう!!

 

スペック

・重量 1キロ
・連続使用時間 
ライトのみ使用 high7時間/medium16時間/low40時間
音楽のみ使用 20時間
同時使用 5時間
・リチウムイオン電池使用
・価格 8.640 in-tax

マルチレイヤースリーピングバッグ

3通りのレイヤードで温度調節が可能に。

寒暖差の激しい山奥などでは防寒対策が欠かせません。
「夏場なのに夜は寒い」「体温調節が難しくてなかなか寝付けない」
こんな経験はありませんか?

そんな時に便利なオールシーズン使い分けができるスリーピングバッグ。
気温によって重ねる枚数を変えることで、快適に過ごすことができます。
また、サイズも大きいので数人での使用も可能です。

季節ごとに道具を買っていたら費用もかかってしまいますし、荷物も増えてしまいます。
このスリーピングバッグはそんな悩みも解決してくれる優れものです。

 

スペック

・サイズ 200×90cm
・重さ 5キロ
・収納ケース付き
・価格 12,960 in-tax

これからは迷わずコールマンを選ぼう!

コールマンの良さが少しでも伝わったでしょうか。

今や老舗アウトドアブランドとしての認識が強く、「古い」「ダサい」というイメージを持つ人が多かったと思います。

近年ノースフェイスをはじめとするファッションアウトドアブランドが台頭してきていますが、
コールマンのような老舗ブランドも侮ってはいけません。

今までの先入観は忘れて、一度手に取ってみましょう。
改めて、コールマンの良さが伝わるはずです。

「coleman」を通して、キャンプライフを楽しいものにしましょう!!

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • 4649sensei

    キャンプ 、銭湯、食べ物、洋服が好きなアラサー男子です。 インスタグラムはほぼ食べ物の写真しかあ...

    フォローする

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ