更新:2018.9.14 作成:2018.9.13

これでペグ打ちストレスなし!おすすめペグハンマーを口コミとともにご紹介

キャンプ場に着いたらまずはテントやタープの設営ですよね。大変だけどワクワクする時間のはずが、ペグが思うように打てずイライラ・・・なんてことはありませんか?そんなお悩みを解消したい方や、快適なペグハンマーでキャンプをはじめたい方の参考にしていただければと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. ペグハンマーとは
  2. おすすめペグハンマー
  3. 快適なペグハンマーでゆとりあるキャンプを楽しもう

ペグハンマーとは

ペグハンマーとは、テントやタープを固定するペグを地面に打つための専用のハンマーです。ペグ打ち自体はペグハンマーでなくてもできますが、少ない力でペグが打ち込めたり、ペグ抜きと一体型になっていたりと専用の道具ならではの機能が備わっています。設営や後片付けの効率が良くなるので、持っていれば非常に活躍してくれるアイテムです。

ペグ打ち・ペグ抜きの基本

ペグを打つ時の基本は、地面に対して45~60°位の角度でペグを打ちます。このときペグに引っ掛けた張り綱がペグに対して45°の角度になるように調整します。
ペグの頭が3~4cm出るくらいまでペグハンマーで打ち込みます(打ち込み過ぎに注意!)。

ペグを抜くときはペグ抜きなどで引き抜くだけですが、地面が固くてなかなか抜けないということがあります。
そんなときは、ペグハンマーの細い部分や木の枝などをテコのように使うという方法があります。また地面に刺さったペグを左右に動かしたり、ぐるぐる回したりすると地面とペグの間に隙間ができて抜けやすくなります。

ペグハンマーは楽にペグを打ったり抜いたりする機能が備わっているので、一本持っておくと非常に便利です。
 

ペグハンマーの種類

ペグハンマーは材質で大きく分けると次の3種類があります。

プラスチック製ペグハンマー

ヘッドと持ち手が全てプラスチックでできています。テントやタープの付属品としてプラスチックペグとセットでついていることが多いです。市販品では600~700円位で購入できます。
非常に軽く持ち運びには便利ですが、強度が弱いので鍛造ペグなどを打ったときにヘッドが割れてしまうことがあるので注意が必用です。

ゴム製ペグハンマー

ヘッドがゴム製、持ち手が木製のものが一般的です。価格帯は700~1,000円前後といったところです。
プラスチック製よりは強度がありますが、芝生など比較的柔らかい地面でのペグ打ちに向いています。
メリットとしては、金属製のペグハンマーよりペグを傷めにくい、子どもがお手伝いで使うのに安全である、などが挙げられます。

金属製ペグハンマー

ヘッドが金属製のペグハンマーです。ヘッド本体の金属はスチール製・真鍮・高炭素鋼・ステンレスなどがありますが、適度な重さがあって固い地面でもペグ打ちしやすいスチール製のものが多いです。
ヘッドの先端部分のみ銅などの柔らかい金属になっていて、打ち込んだときの衝撃を和らげてくれるものもあります。
価格は1,500円前後~7,000円以上と材質や性能・メーカーなどによって幅があります。

おすすめペグハンマー

ユーザー評価の高いペグハンマーを、購入した人の口コミとともにご紹介します。

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.C N-001

スチールヘッドの先端部分に柔軟な銅を採用し、十分なヘッドの自重と銅による打撃時の衝撃吸収により、手に余分な負担をかけずにペグを打つことができます。銅部分は交換可能なので長く使用できます。
スノーピークの人気鍛造ペグ「ソリッドステーク」のために開発されたペグハンマーであり、打ち込みはもちろん、固い地面からペグを抜き取るときにもフックや穴の部分が使いやすいようになっています。
ソリッドステークと合わせて愛用するユーザーが多いですが、他のペグを使用したときも満足度は高いようです。

〈実際に使った人の口コミ〉
・ペグ打ち・ペグ抜きともに非常に楽。気持ちよくペグが打てる。
・ペグ打ちで手が疲れたり痛くなることがなくなった。
・打撃音が比較的小さい
・重いので車でキャンプに行くとき専用
・値段が高いのが気になる
 

エリッゼステークアルティメットハンマー

鋼素材の鍛造ペグハンマーです。ヘッド本体は見た目と防錆性に優れたカチオン塗装またはクロームメッキを施したもの、打撃部分は真鍮またはステンレスの2種類があり、お好みで組み合わせて4種類の中から選ぶことができます。
出品者様の情報によると、どの塗装や先端素材も性能はほぼ変わらないので、色の好み等で選ぶのがよいとか。強いて言えば真鍮の方がステンレスよりやや柔らかく、打撃の後がつきやすいそうです。ヘッド先端部分は交換可能です。
アルティメットハンマーもエリッゼの鍛造ペグ「エリッゼステーク」のために創られたペグハンマーです。打ち込み時に力が入りやすく、楕円形状で地面にしっかりささるエリッゼステークやその他のペグも抜きやすい特徴があります。

〈実際に使った人の口コミ〉

・握りやすく力が入りやすい。設営がスムーズになった
・フックや穴にペグを引っ掛けやすく楽に抜くことができる
・類似商品と迷ったが見た目が気に入って購入
・ヘッドがやや軽いのでもう少し重いほうが良い
・真鍮ヘッドは思ったより打撃痕がつく

コールマン スチールヘッドハンマー2

どっしりとしたスチールヘッドに太さのある天然木の持ち手を採用したコールマンの鍛造ペグハンマーです。750gと他のペグハンマーと比べてもしっかりした重さがあり、力を入れず楽にペグ打ちができます。
ペグ抜き用のフックと穴がついていて、こちらも使いやすいと定評があります。

〈実際に使った人の口コミ〉
・しっかりした重さがあり、ペグ打ちもペグ抜きもやりやすい
・柄が太くて持ちやすく軽い力で打ち込める
・耐久性が良い。見た目も格好良い

【YOGOTO】 ペグハンマー 安全 ベルト 付 (ヘッド スチール)

銅製ヘッドの先端部にクロームを採用した丈夫なペグハンマーです。750gと十分な重さで固い地面へのペグ打ちにも最適です。ヘッドの後ろ側にフックと穴がついていて様々な形状のペグ抜きに便利です。しっかりした作りながらリーズナブルな価格なのも嬉しい点です。ペグと一緒に収納できるケース付きです。

〈実際に使った人の口コミ〉
・固い地面にペグを打つのも抜くのもラク
・機能も問題なく長く使えそう。コストパフォーマンスが良い
・収納袋付きで便利
・打撃音が大きい
 

快適なペグハンマーでゆとりあるキャンプを楽しもう

キャンプ道具を揃えていく中で、ペグハンマーは割と後回しにされがちですよね。でもテントに付属のペグハンマーなどを使っていて、「ちょっと物足りない」と感じたらペグハンマー購入のタイミングかもしれません。長く愛用できるペグハンマーを選んで快適なキャンプを楽しんでいただきたいと思います。
 

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • pekokko

    子連れでキャンプや登山・スキー・川遊びなどを楽しんでいます。主婦目線でコスパの高いアウトドアグッ...

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

アウトドアシーンを楽しく彩る商品たち 株式会社ビッグウイング

家具を知り尽くしたデザイナーが創る究極のローテーブル / DOOGOO® ~ 株式会社スライムデザイン

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ