更新:2019.1.10 作成:2019.1.7

モンベルのマットで快適なキャンプ!選び方とおすすめポイント

キャンプの際、どんなマットをお使いでしょうか?テント内を快適に過ごすには、品質の優れたマットは欠かせません。「モンベル」では、高品質で快適な寝心地のマットが多くラインナップされています。
今回は、モンベルのマットの魅力から選び方、それぞれのおすすめポイントをご説明します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. アウトドア総合メーカー『モンベル』
  2. モンベルのマットの魅力とは
  3. モンベルのマット3つの選び方
  4. まとめ

アウトドア総合メーカー『モンベル』

1975年に設立され、「モンベルの歴史は近年のアウトドア用品の進化の歴史」といっても過言ではないほど、歴史ある老舗アウトドア総合メーカーです。

設立以来、「Function is Beauty」「Light & Fast」をコンセプトに製品をリリースし続けており、デザインと機能性を両立させたアウトドアアイテムは高い評価を受けています。

モンベルのマットの魅力とは

キャンプにおいて必需品であるマットは、テント内で快適に過ごすためにはとても重要なアイテムです。
数あるアウトドアメーカーのマットの中でも、モンベルのマットは多くの高い評価を受けいています。

アウトドアシーンを牽引してきたその実力は折り紙付き。
断熱性、耐久性にも優れています。

マットには大きく分けると、フォーム入りのマットと空気を注入するタイプがあります。
もちろんモンベルでは、どちらのタイプも扱っています。
合わせて、フォーム入りマットに空気も注入するタイプもあり、選択の幅も広いのが特徴です。

また、それぞれのタイプはサイズも豊富。
きっと、ご自身にピッタリ合ったマットを見つけることができるでしょう。
 

モンベルのマット3つの選び方

モンベルのマットには、3つのタイプがあります。
使用用途、予算、使い勝手などから最適なマットを選びましょう。

ポリエチレンフォームパッド

封入している素材には、耐久性、断熱性に優れている「軽量ポリエチレンフォーム」を使用しています。

空気を入れる必要はないので、破れてしまう心配がありませんし、軽量で耐久性に優れているので手軽に持ち運びできるのがメリットです。

デメリットは、厚さが薄いこと。
好みにもよりますが、寝心地にも影響する部分ですので熟慮が必要でしょう。

また、空気注入タイプと比べて、安価で購入しやすいのもポイント。
トータル的にはバランスが良いので、初心者キャンパーの最初のマットとしてもおすすめのタイプです。

●軽量性 ★★★★★
●保温性 ★★★
●厚さ  ★★

フォームパッド

軽量ポリエチレンフォームを使用した、折りたためるマットです。
全面にディンプル加工が施されており、その突起が荷重を分散させることで優れたクッション性能を実現しています。

また、ディンプル加工の突起により、地面との距離を大きくなり、地面から伝わる冷気をシャットアウト。
底冷えの厳しい季節のテントないで威力を発揮するでしょう。

サイズは90タイプから180タイプまで4種類。
カラーはフレッシュグリーンのみとなっています。

●詳細情報

フォームパッド90
 ・使用時サイズ:91×51×1.6(㎝)
 ・収納時サイズ:51×15×5.5(㎝)
 ・重さ:177g

フォームパッド120
 ・使用時サイズ:121×51×1.6(㎝)
 ・収納時サイズ:51×15×7(㎝)
 ・重さ:237g

フォームパッド150
 ・使用時サイズ:151×51×1.6(㎝)
 ・収納時サイズ:51×15×9(㎝)
 ・重さ:297g

フォームパッド180
 ・使用時サイズ:181×51×1.6(㎝)
 ・収納時サイズ:51×15×11(㎝)
 ・重さ:357g



 

コンパクト フォームパッド

携行できる大きさに折りたためる大きさのポリエチレンフォーム製のマットです。
ソロキャンプやツーリングキャンプに最適な大きさですね。

ただ、フォームパッドと比べると、厚さが薄いので、底冷えの厳しい季節の使用には向かないかもしれません。
ワンサイズのみ。カラーはブルーとレッドがリリースされています。

●詳細情報

・使用時サイズ:26×34×0.5(㎝)
・収納時サイズ:13×8×5(㎝)
・重さ:29g
・素材:ポリエチレンフォーム

エクステンションパッド 30

クッション材にはポリエチレンフォームを使用したマットです。
とても小さいので、単体で就寝には使用できません。

単体で使用するなら、座布団としてや、四つ折りにしてまくらにも最適ですね。
また、「U.L.コンフォートシステムパッドシリーズ」と連結して使用も可能です。
コーナーに設けられている穴に通すだけで簡単に連結ができます。

●詳細情報

・使用時サイズ:30×50×1.0(㎝)
・収納時サイズ:30×12×4.5(㎝)
・重さ:74g
・カラー:サンセットオレンジ
・素材:表地=50デニールポリエステルリップストップ
    クッション材=ポリエチレンフォーム

フォーム入り空気注入式

ウレタンフォームを封入しつつ、空気も注入しているタイプ「フォーム+エア」がこのタイプです。
保温性を重視するならば、ポリエチレンフォームを封入しているマットよりも、フォーム入り空気注入式のほうが優れています

封入されているウレタンフォームは、穴のないソリッド状の軽量タイプのスポンジを使用。
クッション性能と保温性能をバランスに優れており、快適に眠ることを可能にしています。

この軽量なスポンジを採用することで、スポンジに穴をあけ肉抜きをすることなく軽量化を実現しており、生地、バルブ、バックル、トグルなど、構成しているさまざまな部品の軽量化もされています。

フォーム式と空気注入式の良いところをバランスよく採用したマットなので、どちらかで悩んだ際にはおすすめです。

●軽量性 ★★
●保温性 ★★★★
●厚さ  ★★★

U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25

ウレタンフォームと空気注入式を併用することにより、とても軽量でコンパクトなマットになっています。
極力荷物を減らしたい登山に最適なモデルです。

軽量化は、モンベル独自のマミー型形状にすることで実現。
軽いうえコンパクトで、快適性能も両立させたマットです。

素材には、30デニールポリエステルリップストップを採用。
専用スタッフバッグとリペアキットが付属しています。

90サイズから180サイズまで4種類のサイズラインナップで、カラーはサンセットオレンジのみになります。

●詳細情報

 U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 90
・使用時サイズ:90×50×2.5(㎝)
・収納時サイズ:直径11.5×25(㎝)
・重さ:372g

 U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 120
・使用時サイズ:120×50×2.5(㎝)
・収納時サイズ:直径13×25(㎝)
・重さ:483g

 U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 150
・使用時サイズ:150×50×2.5(㎝)
・収納時サイズ:直径14.5×25(㎝)
・重さ:556g

 U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 180
・使用時サイズ:180×50×2.5(㎝)
・収納時サイズ:直径16×25(㎝)
・重さ:664g

 

U.L. コンフォートシステム キャンプパッド38

素材には30デニールポリエステルリップストップを採用し、クッション材にはウレタンフォームを使用しています。

上記のアルパインパッドよりも、厚さが38㎜と40%ほど厚くなっており、クッション性と保温性に優れたマットで、特に寒い時期や冬山での使用に最適です。

これだけの厚さがあれば、地面の凸凹は気になりませんし、冷気をシャットアウトするので快適に眠ることができます。

また、アルパインパッドより幅が10㎝広い60㎝幅のワイドサイズで、体格のよい方でもゆったりと使用できるマットです。

サイズは、150サイズと180サイズの2種類で、カラーはトパーズのみとなっています。

●詳細情報

 U.L. コンフォートシステム キャンプパッド38 150
・使用時サイズ:150×60×3.8(㎝)
・収納時サイズ:直径18×30(㎝)
・重さ:890g

U.L. コンフォートシステム キャンプパッド38 180
・使用時サイズ:180×60×3.8(㎝)
・収納時サイズ:直径14.5×60(㎝)
・重さ:1.057g

U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50

キャンプパッド38より、厚さがさらに厚い50㎜と、圧倒的なクッション性と保温性能を実現させたマットです。

ただ、厚さがありクッション性と保温性に優れている反面、重さが増えてしまうのが難点です。
キャップをする季節、場所などを考慮して選ぶことが重要でしょう。

サイズは150サイズと180サイズ。カラーはライトタイムのみとなります。

●詳細情報

 U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 150
・使用時サイズ:150×60×5.0(㎝)
・収納時サイズ:直径14.5×60(㎝)
・重さ:1,053g

U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 180
・使用時サイズ:180×60×5.0(㎝)
・収納時サイズ:直径16.5×60(㎝)
・重さ:1,251g

空気注入式

フォームは全く使用せず、空気を注入するタイプのマットです。
チューブには、チューブ間に障壁を設けたボックス構造になっており、従来品より障壁を高くすることで保温性能を向上させています。

また、空気注入式マットの特徴が、超軽量で超コンパクトに収納できること。
なるべく荷物を減らしたい、家の保管場所もあまりない、などの場合に重宝しますね。
マットの厚さもあるため、寝心地もよいです。

その反面、一番の問題が空気を注入しなければいけないことでしょう。
モンベルでは、簡単に空気を入れることができる「ポンプバッグ」もリリースされているので、活用すれば素早く空気を入れることが可能です。


●軽量性 ★★★★
●保温性 ★★
●厚さ  ★★★★★


 

U.L. コンフォートシステム エアパッド

超コンパクトに収納できるので、持ち運びに便利な空気注入式のマットです。
モンベル独自のボックス構造により、抜群の保温性、快適性を実現しています。

フラットな寝心地なので、寝返りを打つ際も快適です。
空気注入式のデメリットである、空気注入作業ですが、別売りのポンプバッグを使用すれば簡単な作業で短時間に注入することが可能です。

素材には30デニールポリエステルリップストップを採用。
サイズは、90サイズから180サイズまでとフルラインナップで、カラーはシアンブルーのみです。
リペアキットとスタッフバッグが付属しています。

●詳細情報

 U.L. コンフォートシステム エアパッド 90 
・使用時サイズ:90×50×7(㎝)
・収納時サイズ:直径8.5×20(㎝)
・重さ:286g

 U.L. コンフォートシステム エアパッド 120
・使用時サイズ:120×50×7(㎝)
・収納時サイズ:直径9×20(㎝)
・重さ:367g

 U.L. コンフォートシステム エアパッド 150
・使用時サイズ:150×50×7(㎝)
・収納時サイズ:直径10×20(㎝)
・重さ:431g

 U.L. コンフォートシステム エアパッド 180
・使用時サイズ:180×50×7(㎝)
・収納時サイズ:直径1×20(㎝)
・重さ:504g

U.L. コンフォートシステム エアパッド ワイド

エアパッドシリーズのワイド版です。
横幅が、エアパッドシリーズより10㎝広い60㎝になっています。
幅が広いスクエア形状が特徴で、体格のよい方でも余裕で快適に眠れるでしょう。

サイズ展開は、150サイズと180サイズの2種類になります。

●詳細情報

 U.L. コンフォートシステム エアパッド ワイド 150
・使用時サイズ:150×60×7(㎝)
・収納時サイズ:直径10×24(㎝)
・重さ:533g

 U.L. コンフォートシステム エアパッド ワイド 180
・使用時サイズ:180×60×7(㎝)
・収納時サイズ:直径11×25(㎝)
・重さ:638g

まとめ

モンベルマットのマットの選び方とラインナップをご紹介しました。
フォーム式のマット、空気注入式のマット、それぞれ特徴が異なるので、使用用途、キャンプに行く季節、場所などを考慮して適切に選択する必要があります。
ぜひこの記事を参考にしていただいて、ご自身に合ったマットを見つけてください。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • kojiabe

    自然を愛してやまないWebライターです。 アウトドアに関する有意義な情報をお届けします。

    フォローする

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ