更新:2019.1.28 作成:2019.1.26

チェアゼロは軽量でバックパックに最適!?徹底レビュー

ヘリノックスは多くのチェアを取り扱っていますが、その中の一つで、軽量でコンパクトを売りにしているチェアゼロについて紹介したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
初めてチェアを買いたい、また新しいチェアを新調したい方で、ヘリノックスは候補の一つに上がっているのではないでしょうか。
ヘリノックスを使っているキャンパーを見つけると、「おっ、ヘリノックスだ!」と思って、何故かカッコ良く見えますよね。

ただヘリノックスって、チェアワンとか、グラウンドチェアだったり、いっぱいモデルがあって何を選んで良いか悩んでしまいますよね。
そんな中で、本記事ではチェアワン継承モデルの軽量でコンパクトを売りにしているチェアゼロについて紹介したいと思います。

チェアゼロの規格を紹介!

チェアゼロの規格を紹介します。
注目はやはり重量!飲み物が入ってる500mlペットボトルとほぼ同じ、またはそれ以下になります。
チェアが500mlペットボトルと同じ重さって思うと、とても軽いですよね。

・重量:本体のみ 490g
    (スタッフバック込み 510g)
・サイズ:組立時 52 × 48 × 64cm
     収納時 10 × 10 × 35cm
        ( 幅 × 奥 ×  高 )
・座面高:28cm
・カラー:ブラック or グレー
・耐荷重:120kg(静荷重)

ここまで軽量にできたのは、ポールの肉厚を薄くしたり、シートをより軽量のポリエステルを使用したりしています。メーカーの努力が見えてきますよね。

チェアゼロは軽量でコンパクト

他のモデルと比較してみましょう。
ヘリノックスは元々軽量とコンパクト性を売りにして作れらていますが、
チェアゼロはその中でも一番のチェアになると思います。

上段:重量、下段:収納サイズとなります。
※()はスタッフバック込みの重量

・チェアゼロ:490g(510g)
       10 × 10 × 35cm

・チェアワン:890g(960g)
       35 × 10 × 12cm
・チェアワンメッシュ:870g(1,010g)
           47 × 13 × 13.5cm
・グランドチェア:615g(640g)
         11 ×11 × 30cm

継承されているチェアワンと比較すると、断然にチェアゼロの方が軽くてコンパクトですよね。

グラウンドチェアと比べると、収納時の高さが5cmほど高くなってしまいますが、
重さは125gほど軽く作られています。

またグランドチェアは座面高が22cmになりますので、長時間座る事には向いていないのかと思います。
あくまでも個人の感想ですので、ショップで試しに座ってみるといいかもしれません。
 

チェアゼロはバックパックへのパッキングに最適!

ここまでは簡単にチェアゼロと他のモデルの規格を比較してきましたが、
次は実用面を紹介したいと思います。

自分はバックパックスタイルで、よくキャンプに行きます。
誰と行くのか、どのキャンプ場に行くのか、キャンプスタイルによって
30ℓと65ℓのバックパックを使い分けています。

もちろん、両方ともチェアゼロを持っていきますが、
それぞれこんな感じのアイテムと一緒にパッキングしています。
■30ℓ
チェアゼロ、マット、シュラフ、コンロ、クッカー、一泊用衣服など
■65ℓ
30ℓのアイテムに合わせて、ソロテント、ローテーブル、二泊以上の衣服など
チェアゼロは非常に軽くてコンパクトなので、パッキング時にもストレトは全く感じませんよ。

まとめ

チェアゼロについて紹介をしてきました。
バックパックスタイルのキャンパーの方、
またこれからバックパックスタイルを目指してアイテムを揃えていきたい方、
ぜひ軽量でコンパクト性のあるチェアゼロを検討してみてはどうでしょうか。

この記事を読んでもらい、皆様の理想のキャンプスタイルに、
少しでも近づいたら嬉しく思います。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【突撃取材】アルペンマウンテンズ練馬関町店がOPEN!早速取材へ行ってきました!

【突撃取材】話題のアルペンアウトドアーズ柏店!夏休みキャンプのおすすめ商品を物色!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ