更新:2019.3.26 作成:2019.3.19

コールマンラウンドスクリーン2ルームの魅力を徹底解剖

コールマンラウンドスクリーン2ルームはファミリーキャンパーにはぜひお勧めのテント!大人5人では少し狭いかもしれませんが、大人2人子供3人には十分なスペースがあります。

これからキャンプデビューを考えている方は必見です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. コールマンラウンドスクリーン2ルームの魅力
  2. ラウンドスクリーン2ルームの良いところ
  3. ラウンドスクリーン2ルームの悪いところ
  4. カラーバリエーションも豊富
  5. キャンプ未経験者もこれを機会に
  6. 初めてテントを購入するならランドスクリーン2ルームがオススメ!

コールマンラウンドスクリーン2ルームの魅力

この「2ルームテント」の最大の特徴は、大きなリビングスペースがあることです。4~5人家族のファミリーキャンパーでも十分なスペースがあります。また、タープがなくても大きなシェードとしても活躍するため、このテント一つで宿泊も可能です。

また、冬ではフラップを下ろして電気ヒーターやコタツを使用することでお座敷スタイルも楽しめます。リビングスペースはたちまち温まり憩いの場になります。

ラウンドスクリーン2ルームの良いところ

1 テントとタープの一体型

ファミリーキャンパーは、テント設営も小さい子供に目を配りながらしなければなりません。できるだけ早く設営は済ませたいはず。テントを立ててから、タープも立てるとなると時間もかかり大変です。

このテントだとテント設営の時間を短縮できるので、家族でゆっくり過ごせる時間が増えます。タープだと寒い夜も、リビングスペースなら暖かく過ごせるのです。

2 コストパフォーマンスが良い

アウトドア用品は安くはありません。初心者キャンパーが一から道具をそろえるとなると相当な金額になります。タープの費用を節約することが可能です。

テントとタープの二つの役割を果たすために、二つ買う必要がありません。

3 アウターテントだけで大きなシェードに!

アウターテントを設営後にインナーテントを設置してテントを完成させますが、アウターテントのみで使用すると大きなシェードとしても活用できます。夏場の炎天下などで大きな日影が欲しいときに大活躍です。
夕方少し涼しくなってからインナーテントを設置すると良いです。

4 寝室スペースも十分な広さ

寝室スペースはインナーテント/320×230×170(h)cmと十分な広さがあります。大人5人では少々狭いかもしれませんが、大人2人子供3人のファミリーキャンパーには使い心地が良いです。

大人5人で使用する際は、寝室に4人、リビングスペースにレジャーマットを置いて寝ることもできます。

ラウンドスクリーン2ルームの悪いところ

1 総重量が重い

テントとタープの役割をするので仕方がないかもしれませんが、女性では持つのが大変です。アウターテントはリビングスペースから寝室部分までを覆うため大きいし、ポールやペグの量も多いです。

2 高さがあるため子供と共同作業が難しい

ファミリーキャンパーにとってテント設営も子供と一緒に楽しみたいものです。しかし、ランドスクリーン2ルームはリビングスペースが高いために設営時に子供が手伝うことが難しいです。

3 風の影響を受けやすい

テントの高さがあるため使い心地は良いのですが、その分風の影響を強く受けます。強風時は設営も大変です。初心者キャンパーは事前にテント設営の練習をすることをお勧めします。
状況によっては、テントを立てる前にペグを打っておくなどの対策が必要です。

私は普段はあまり設営に時間はかからないのですが、強風の日に初めて40分設営に時間がかかりました。

カラーバリエーションも豊富

キャンプ道具のなかでもテントは特別なものです。このテントはカラーバリエーションも豊富なのでお好みにあったカラーを探すことができます。
どんなテントに、どんなカラーにするかを考えるもの楽しみの一つですね。

キャンプ未経験者もこれを機会に

私は小さいころからキャンプが身近な存在でした。キャンプの楽しさを多くの人に知ってほしいと考えています。

キャンプ場で子供と遊ぶことや、友達と焚火を囲んで語る時間はかけがえのないものです。みなさんもこれを機会にぜひキャンプを始めてみましょう。

初めてテントを購入するならランドスクリーン2ルームがオススメ!

これからキャンプを始めようと思っている人は、テントとリビングが一体化しているラウンドスクリーン2ルームをぜひお試しください。特にファミリーキャンパーにはお勧めです。

どんなテントでもそれぞれの魅力があります。自分の大好きなテントを見つけ、キャンプライフを楽しみましょう。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • 釣り太郎

    小さいころからキャンプや釣りを楽しんでいます。アウトドアの楽しみをたくさんの人に知ってもらいたい...

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

アウトドアシーンを楽しく彩る商品たち 株式会社ビッグウイング

家具を知り尽くしたデザイナーが創る究極のローテーブル / DOOGOO® ~ 株式会社スライムデザイン

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ