更新:2018.5.23 作成:2018.5.22

富士山が見えるキャンプ場でリフレッシュ!おすすめのキャンプ場

言わずと知れた日本最高峰の富士山は、単独峰ということもあり、その美しさもピカイチです。そんな富士山を眺めながらゆったりくつろいだり、自然を満喫したり、おいしいアウトドア飯を食べたり…。そんな富士山をお供にしたキャンプにおすすめなキャンプ場を3箇所ご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. 壮大な富士山を眺めながらキャンプをしよう!
  2. 【田貫湖】田貫湖キャンプ場
  3. 【御殿場】やまぼうしオートキャンプ場
  4. 【朝霧高原】朝霧高原オートキャンプ場
  5. 富士山の麓にキャンプしに行こう!

壮大な富士山を眺めながらキャンプをしよう!

単独峰である富士山の周りには、その環境を生かしたキャンプ場が多くあります。美しい富士山を臨めるキャンプ場も少なくありませんが、今回はその中でも、リフレッシュできることに重点を置いて厳選した3つのキャンプ場をご紹介します。

【田貫湖】田貫湖キャンプ場

山と湖を満喫!自然と触れ合うアクティビティも魅力

壮大な富士山と美しい湖が楽しめるキャンプ場です。釣りやボート、サイクリングといった場内アクティビティのほか、小田貫湿原ハイキング、長者ヶ岳・天子ヶ岳への縦走登山も日帰りで楽しめるため、時期や気候と相談して何をするか考えられるのも嬉しいポイント。宿泊者用テントサイトは予約不要のフリーサイトのため、大型連休など混雑が予想される時期は避けた方がいいかもしれません。

基本情報

  • 所在地:〒418-0107 静岡県富士宮市佐折634-1
  • 料金:テント1張 1泊2,500円、大人・小人1名につき1泊200円
  • テントサイト:芝フリーサイト(約300張分、オートキャンプ不可)
  • 売店:あり(管理棟併設)、薪1束600円
  • 風呂:車で5分の所に温泉施設(風の湯)あり
  • 営業期間:通年(宿泊サイトは予約不要。デイキャンプサイトは要予約)
  • チェックイン:午前8時~午後5時(冬季は午前8時~午後4時)
  • チェックアウト:午前12時(延長可)

※夏場は蚊・ブヨに要注意!長袖・長ズボンと明るい色の服装を推奨します。

【御殿場】やまぼうしオートキャンプ場

抜群の解放感!ふかふかの芝生に寝っ転がって過ごす休日

標高600mの高原にあるオートキャンプ場です。一番の売りは何といっても美しい芝生!ふかふかなので、直接寝転んだり、座ってくつろいでいる人も見かけます。フリーサイトなので、お気に入りの場所でキャンプすることができます。いつものチェアに加えて、ピクニックシートを持って行くのもいいかもしれません。また、サイトにはライトが一切ないので、夜の星空は圧巻です。

基本情報

  • 所在地:〒412-0048 静岡県御殿場市 板妻630
  • 料金:車1台 1泊5000円(バイク1台 1泊 2000円)
  • テントサイト:芝フリーサイト(約50張分)
  • 売店:あり(受付内)、薪1束500円
  • 風呂:車で5分の所に温泉施設(御殿場御胎内温泉)あり
  • 営業期間:通年(要予約)
  • チェックイン:午前12時
  • チェックアウト:午前11時
※連休のなか日・長期休暇期間以外は8:00チェックイン、15:00チェックアウト可能

【朝霧高原】朝霧高原オートキャンプ場

緑たっぷりのキャンプ場でゆったり静かな1日を

富士山の麓、朝霧高原にある林間キャンプ場です。決して新しい施設ではないですが、全て綺麗に管理されており快適です。全てのサイトから富士山が見えるわけではないですが、どのサイトも緑に囲まれていてのんびり過ごすには最適。見えないサイトに当たってしまっても、広場からは綺麗な富士山が見えますのでご安心を。大自然を満喫できるうえ、周辺には観光施設も多く、リフレッシュにぴったりなキャンプ場です。

基本情報

  • 所在地:〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭2071
  • 料金:車1台 1泊4860 円
  • テントサイト:土(90区画)
  • 売店:あり(管理棟横)薪あり
  • 風呂:施設内に温泉あり(男女時間交代制)
  • 営業期間:3月19日~11月30日(要予約)
  • チェックイン:午後13時
  • チェックアウト:正午

露天風呂あり。炊事場の水は水道水ではなく、富士山の天然水です。
※よく似た名前のキャンプ場があるので間違えないよう気を付けてください。

富士山の麓にキャンプしに行こう!

外で過ごす時間が気持ちいいキャンプも、富士山を見ながらだとまた格別です。日本一の山を眺めながら、のんびりゆったり、マイペースに自然を満喫する休日はきっと最高の時間になること間違いなし!次のアウトドアは、富士山が見えるキャンプ場に出かけませんか?

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • もぐおか

    テントで寝るあの何とも言えない感じが好きな20代主婦です。 好日山荘で購入した登山用の狭いけど軽...

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ