更新:2019.5.16 作成:2019.5.15

専用鉄板を使ってキャンプで本格的なサムギョプサルにチャレンジ!

豚バラ肉って安くて美味しいですよね。そんな豚バラ肉の魅力を存分に引き出せる、専用プレートを使ったサムギョプサルにキャンプでチャレンジしてみませんか?
※サムギョプサル(三枚肉)とは韓国語でバラ肉のことですが、この記事では日本で一般的な、サムギョプサルを使った焼肉のことを指します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. サムギョプサル用に厚めにカットした豚バラ肉を仕入れよう
  2. キムチやエゴマなど韓国食材を仕入れよう
  3. ミョンイナムルって知ってますか?
  4. 材料を揃えて下準備しよう
  5. 専用プレートを設置して実際に焼いてみよう
  6. まとめ

サムギョプサル用に厚めにカットした豚バラ肉を仕入れよう

薄切り豚バラ肉の売っていないスーパーはなかなかないと思いますが、サムギョプサルをするならば、少し厚めに切った薄切り豚バラ肉をゲットしたいですね。

韓国料理屋さんが多い地域や、コリアンタウンが近い場合そのような豚バラ肉が売られていることもありますが、私は精肉店に頼んでカットしてもらうことが多いです。

ブロックを購入して、ご自宅で半解凍のまま厚めにカットするのもありだと思います。

精肉店へのオーダーの仕方

※ 横濱上田屋

いつもバーベキュー用のお肉をお願いしている横濱上田屋さんに、オーダーカットの方法をお聞きしました。とっても簡単!電話して「サムギョプサル用にちょっと厚めの豚バラ肉を、○○○g長いままでカットしてください」と頼めば大丈夫です。

横濱上田屋は、宅配もしてくれるので前もって注文しておくといいですね。

横濱上田屋 店舗情報

所在地: 〒245-0061 神奈川県横浜市戸塚区汲沢8丁目10−1 地下 今美屋ストアー
営業時間:10時00分~19時00分
URL:https://www.rakuten.co.jp/yokohamauedaya/
電話: 045-871-5050

キムチやエゴマなど韓国食材を仕入れよう

※ 横浜橋商店街の韓国食材店

昨今は、キムチもエゴマもスーパーで簡単に手に入るようになりましたので、わざわざ専門店に行く必要はないのですが、私は事前にイベント感覚を盛り上げるために、横浜の韓国食材店がたくさん集まる横浜橋商店街によく買い物に行きます。

ここでは、キムチ、ネギナムル、エゴマ、韓国のり、サムジャンなどを購入します。サムジャンはスーパーに売っていないこともあるので、専門店の方が確実です。もしくはAmazonや楽天などネット販売で簡単に手に入ります。横浜橋商店街の楽しいところは、キムチの種類が豊富なところ。

まるで韓国にいるかのように多彩なキムチの品揃えで、前回は梅干しキムチがとても気に入りました。

横浜市営地下鉄の阪東橋駅が最寄りの横浜橋商店街は、多数の韓国食材専門店が軒を連ねます。その他お肉屋さんや魚屋さんなど様々な店舗があり、楽しく買い物できる商店街です。

今回キムチや味噌を購入したお店は、「カネダ食品」さん。
キムチだけでなく、韓国風調味みそや生冷麺、キムチの素などなかなか普通のお店では手に入らないものがたくさん並んでいます。

カネダ食品 店舗情報

営業時間:9:00~18:45
定 休 日:毎週火曜日
URL:http://www.kaneda-foods.com/
住 所:〒232-0021 横浜市南区真金町2-18-2
電話番号・FAX:045-243-3990

ミョンイナムルって知ってますか?

韓国で焼肉屋さんへ行ったり、日本でも専門的なお店であればメニューにあるミョンイナムルというものをご存知でしょうか?日本では行者ニンニクという山菜の一種をつけ汁に漬けて重石をして作るんだそうです。

これが本当に美味しいんです!これあるとないとでは全然違います。

でも残念なことに日本ではあまり手に入りません。
私は今回は楽天でお取り寄せしました。
Item
ミョンイナムル

韓国で作られた、行者ニンニクを醤油や砂糖などに漬けたナムルです。お肉と一緒に食べるとなんとも言えない美味しさです!サムギョプサルや焼肉とぜひ一緒に食べてみてください。

材料を揃えて下準備しよう

・豚バラ肉・・・1名250g程度

・エゴマの葉・・・1名10枚~

・サニーレタスやサンチュ・・・1名10枚~

・ネギナムル・・・適量

・ニンニク・・・1玉

・キムチ・・・300g~

・ミョンイナムル・・・100g~

・サムジャン・・・1パック

 

※ネギナムルは、ご自宅でも簡単に作れます。斜め細切りにし、酢大さじ1/2、粉唐辛子小さじ1、ごま油、白ごま少々で和えます。粉唐辛子がない場合ラー油でも結構です。

専用プレートを設置して実際に焼いてみよう

※ サムギョプサル専用プレートでお肉を焼いていきます

サムギョプサル専用プレートは、斜めになり脂が下に落ちていくような構造になっています。
穴から脂が落ちてくるので、受け皿を置きます。

焼きかたのコツとしては、中央部分に向かって傾斜しているので、お肉を一番高い位置に置き、その下にニンニクやキムチを置くと、ちょうど脂が落ちてきていい感じに火が通ります。キムチやニンニクは焦げやすいので、注意してください。

焼けたらハサミでカットしてサンチュで包んでいただきます。

焼きあがったお肉はハサミで食べやすい大きさに切り、サンチュにミョンイナムル、豚肉、キムチ、ニンニク、もやしのナムル、ニラキムチなど好きなものを乗せ、サムジャンを乗せて豪快にいただきます!

美味しすぎる!

まとめ

以上がキャンプ場で本格的にサムギョプサルを楽しむ方法です。

もっと簡単に全てをスーパーで仕入れてプライパンでお手軽に楽しむこともできますし、ソースなどもサムジャンにこだわらずにいろんなものを使ってみてバリエーションを楽しむのもいいかもしれませんね!

ヘルシーで美味しいサムギョプサルをぜひアウトドアで楽しんでみてください。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • aya

    yagaiの料理担当です!キャンプでのおすすめ料理や料理グッズなど紹介していきます。

    フォローする

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【突撃取材】アルペンマウンテンズ練馬関町店がOPEN!早速取材へ行ってきました!

【突撃取材】話題のアルペンアウトドアーズ柏店!夏休みキャンプのおすすめ商品を物色!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ