更新:2019.6.12 作成:2019.6.6

コールマンのテントおすすめ21選とその魅力に迫る!

昨今のアウトドアブームもありアウトドアの関連グッズの需要が急激に増えています。それに比例して関連ショップやメーカーなども国内外と多く参入しています。ショップなどが急増しています。流行のガレージブランドや北欧メーカーなどもお洒落で話題性があります。そんな中、今も昔も安定してキャンプメーカーのトップにあるのがコールマンです。今回はそんなコールマンのおすすめテントご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. コールマンの魅力
  2. シリーズ別コールマンテントの特徴
  3. タフシリーズ
  4. タフシリーズおすすめ3選
  5. ウェザーマスターシリーズ
  6. ウェザーマスターシリーズおすすめ3選
  7. ヴィンテージシリーズおすすめ3選
  8. 人数別テントの選び方
  9. 少人数テントおすすめ2選
  10. 大人数テントおすすめ3選
  11. 形状別テントの選び方
  12. 自立型テント
  13. 自立型テントおすすめ2選
  14. 非自立型テント
  15. 非自立型テントおすすめ2選
  16. スペック別テントの選び方
  17. 機能性の高いおすすめテント2選
  18. 失敗のないコールマンテント

コールマンの魅力

そもそもコールマンの始まりはランタンです。本格的なスタートは1914年から始まった、ガソリンランプの自社生産です。その後アウトドアストーブやツーバーナーと展開して実績と信頼を築き上げました。その後、日本に上陸しコールマンジャパンとしてアウトドアのパイオニアとして、普及していき、ソロキャンプからファミリーキャンプまで幅広いシチュエーションに対応できるラインナップを取り揃えています。
 

性能の魅力

コールマンの性能の魅力としては、コンパクトさと耐久性です。創立当初から強い実績のあるツーバーナーの収納が非常にコンパクトで耐久性にも優れているので長い間愛されています。100年近く前に生産されたコールマンの灯油ランタンが現在でも現役で活躍し人気もあります。コールマンのテントもまた魅力的な収納力と耐久性に優れているので長く使えます。安定した性能からキャンプ初心者でも簡単に使えます。

デザインの魅力

なんと言っても魅力の一つでもあるのがデザイン性です。コールマンのアイテムはどれもカラーバリエーションが豊富でポップなものが多いです。コールマンのテントもまた自然に馴染み易い優しい緑色を基調としたカラー展開になっており、他のキャンプギアとも合わせやすく、お洒落で人気があります。どのモデルのテントもおしゃれさと機能性を兼ね備えたものなので、野外での様々なシーンでお洒落に使えるのが魅力です。

コストパフォーマンスの魅力

コールマンと言えばやはり、コストパフォーマンスが魅力的です。種類にもよるので値段の幅はかなり広いですが、全体的にみて低予算で購入できるアウトドアアイテムが豊富です。もちろんテントにもあてはまります。更にバリエーションも豊富で幅広いキャンプスタイルにハマるラインナップになっています。そして価格以上の品質やデザインの良さが、たくさんのキャンパーに支持される秘訣になっています。

シリーズ別コールマンテントの特徴

コールマンテントはスペックや価格やデザイン別に、それぞれのキャンプスタイルに合わせて沢山のラインナップを展開してます。
キャンプを始めたばかりの初心者からコアなベテランキャンパーまで、多種多様なキャンプスタイルに合わせたテントが沢山存在します。コールマンテントの主なシリーズは、スタンダードなタフシリーズやハイレベルなウェザーマスターシリーズやお洒落で個性的なヴィンテージシリーズがあります。

タフシリーズ

スタンダードなコールマンテントになります。広く浅くキャンプに必要な機能を備えています。また快適な居住性を実現し、広いスペースを保有しているベーシックなモデルがタフシリーズになります。特徴としては、設営が簡単なテントが多くて、デザインもシンプルでコストパフォーマンスも非常に良いです。本格的にキャンプを始めたい初心者やファミリーキャンパーには、おすすめのシリーズであり、最も人気のモデルになっています。

タフシリーズおすすめ3選

コールマン(coleman) タフワイドドーム4/300

タフシリーズの定番ファミリーモデルになります。4人〜5人用で余裕のある大型テントになります。設営が容易で初心者にも扱いやすい定番テントです。寝室スペースが300cm×300cmで高さも185cmと高いので男性でも圧迫感なく広々と使えます。設営もしやすくて、初心者にも使いやすいです。幕をを広げスリーブにメインポールを2本通せばテントを立ち上げる事が出来ます。後は、フライシートをかぶせるだけと設営が簡単です。

コールマン(coleman) BCクロスドーム 270

こちらもファミリータイプの定番テントになります。圧倒的なコストパフォーマンスから利用しやすいリーズナブルなテントになっています。商品名にもある「BCシリーズ」とはベーシックキャンプの略であります。バランスよく基本的な機能を備えた初心者に最適なテントになっている事からもキャンプ場などでのレンタル品としてもよく利用されるモデルになっています。価格的にも最初のテントとして購入するのもいいでしょう。


 

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス+

タフシリーズの2ルームテントになります。2ルームテントとは、寝室とリビングが一体になっておりタープ要らずで快適な居住空間が確保できる人気のテントモデルになります。特に雨の日のキャンプや冬のキャンプなどでは快適に過ごせるので便利です。

また、暑い夏には太陽光を遮断することで、夏の熱さの軽減になります。それによって1年を通して4シーズン利用出来る利便性の高いテントになっています。

ウェザーマスターシリーズ

このシリーズは、コールマンの最高峰のスペックと快適さを誇るテントになります。最新で最高級の技術や機能やスペックを搭載しており、耐水性や換気性に優れています。悪天候や冬のキャンプなどの過酷な自然状況の中であっても快適に過ごせる、ハイレベルなクオリティとパフォーマンスになっています。例えば、耐水圧が最大3,000mmを誇る機能性がありながら通気性抜群に良かったりと、ベテランキャンパーも納得のシリーズです。

ウェザーマスターシリーズおすすめ3選

コールマン(coleman) ウェザーマスタースクリーンテント

ウェザーマスターシリーズの2ルームテントになります。ハイスペックなテントになっており、耐水圧3000mmのフライシートになっているので雨の日も安心して過ごせます。更にテントの裾にはスカートと呼ばれるシートが装備されており、外からの冷気を遮断するので寒い季節でも幕内で快適に過ごせます。また、考え抜かれた設計になっており、通気性もよくオールシーズン安心して使えるテントになっています。

コールマン(coleman) ウェザーマスターブリーズドーム

ファミリーキャンプの最高峰ウェザーマスタシリーズの中でも特にハイスペックなテントになります。テントタイプはオーソドックスなドーム型テントになりますが、耐水圧も非常に高くて、耐水性が抜群に良く、雨だけでなく湿気や雪なども染み込みを防ぎます。その為、どんな悪天候でも影響を受けずに快適にキャンプが出来ます。また、日差しによる室内の温度上昇を防ぎ暑い夏でも快適です。シンプルで使い易いドーム型になります。

Coleman テント ウェザーマスター 4S T.P.クレスト

ハイスペックなティピー型テントになります。フロントとリアポールで広い空間を実現し2ルームとして使用出来ます。また日本の気候にあった設計になっており、利便性が非常に高くオールシーズン対応しています。また、汎用性の高いテントになっており、インナーテントを外してワイドリビングとして活用したり、広々空間で2ルームとしても活用できます。機能性にも優れており、夏場に快適なメッシュスクリーンになっています。

ヴィンテージシリーズ

1970年代頃のテイストに現在の技術を融合させたクラシックモデルのテントです。
お洒落なデザインやカラーバリエーションやノスタルジックなデザインが特徴的なテントではあります。もちろん見た目だけではなく、現代技術を用いており、品質や機能性は、他のシリーズと比較しても遜色がありません。復刻版や新色を使ったレトロでありつつもオシャレなテントが個性を出したいキャンパーに好まれるのがヴィンテージシリーズです。

ヴィンテージシリーズおすすめ3選

コールマン | クラシックテント/300

レトロでおしゃれなデザインがコールマンのクラシックテントになっています。キャンプサイトが一際目立つ、こだわたい方にぴったりのテントになります。ロッジ型というモデルで、クラシカルなデザインとかわいらしいカラーリングになっています。更に見た目ではなく利便性も高く、通気性と撥水性のあるコットン混紡のポリエステル素材を採用していたり、構造がシンプルなので設営や撤収が簡単なところも嬉しいです。

コールマン | オアシステント ターコイズ

約50年前のコールマンの人気テントモデルであるオアシステントの復刻版です。当時のレトロで可愛いデザインやカラーを残し、現代の技術を採用しているので、通気性もよく夏でも快適に過ごせます。また、構造上、壁が垂直に近く天井が高いので死角が少なくテント内の有効スペースが広くてストレスなく快適に過ごせます。またテント内部に小物を収納できるメッシュポケットがついており、居住性の高さも特徴的なテントです。


 

Coleman(コールマン) ビラデルマー リバイバル

こちらのヴィンテージシリーズテントは風合いが良いコットンポリを使用したノスタルジックテントになります。特徴としては、広い空間で高さが240cmもあります。大きな窓が更に室内空間の広さを演出します。こちらもロッジテント特有の垂直ウォールになるので有効スペースを最大限に使えて、ラージフロアで寝室とリビング空間も作れるゆったり1ルームスタイルテントになっています。開放感のあるお洒落なテントです。

人数別テントの選び方

テント選びで、最初のポイントとなるのがテントで過ごす人数になります。人数を明確にしないとテントのサイズを選べません。また、狭いと窮屈に感じて快適な居住空間を作ることができません。逆に大き過ぎると設営や場所の確保で労力と時間を使う割にスペースを持て余してしまいます。子供の成長を考えるとちょうどいいサイズは難しいです。ポイントとしては少し大きめのサイズにする事です。荷物を置くスペース確保としておくと便利です。

少人数テントおすすめ2選

コールマン(coleman) ツーリングドームST

寝室スペースは小さくコンパクトな1〜2人用のテントになります。寝室スペース以外に前室が広く確保できる設計になっているので大変便利なテントになっています。また耐水圧が耐水圧は1500mmになっており、機能性、コストパフォーマンスと、どれをとってもバランスの良いテントになっているので、とても人気の高い商品になっています。また全室部分の幕をポールを使って跳ねあげるとタープのような日差しを遮る快適な空間が作れます。


 

コールマン(coleman) トレックドーム カペラ/75

こちらはコンパクトでソロキャンプに最適なテントになります。サイズが75×225cmで、大人1人だとスペースに少し余裕があるので、荷物も中に置く事が出来ます。重量も1.6kgと非常に軽量に作られているので、持ち運びも容易です。スペックとしては平均的で、耐水圧1500mmのフライシートがテントを雨から保護し耐水圧2000mmのフロア生地が、地面からの浸水も軽減します。ベンチレーションシステムを搭載し、通気性がよいのも魅力。設営も容易で、アルミ合金によって剛性にも優れたおすすめのテントです。


 

大人数テントおすすめ3選

コールマン(Coleman) トンネル2ルームハウスLDX スタートパッケージ

こちらの商品はトンネル型の2ルームテントになっています。特徴としてはリビングスペースが非常に広くサイズがサイズが330×260cmになっています。また、インナーシートとグランドシートが付属されており、人気のお座敷スタイルを楽しむことも出来ます。また、プライベート感もたっぷりでリビングはフルクローズになります。更に剛性に優れたアルミ合金ポールを採用しているので、強風でも大きな影響を受けにくいです。

 

コールマン(coleman) 8人用 Montana (モンタナ)テント

コールマンテントの中でも、かなりのビッグサイズになっているのが、モンタナテントになります。大きさは4.88×2.13mの1ルーム仕様のテントになっており、4人〜5人のファミリーキャンプならかなりゆったり広々と利用できるテントになっています。スクリーン付きの窓により、室内が見えにくいのがポイントになっており、「ウェザーテックシステム」を採用しており、防水性にも優れています。特徴的な出入り口は開閉式になっています。

コールマン(coleman) エバンストン スクリーン

こちらのテントは約15分で簡単に設営できる、8人用の大型テントになっています。サイズはかなりワイドになっており、高さも1.93mあるので、かなりゆったりした空間になっています。また、ビッグサイズのプライバシーウィングと、日差しや風避けに最適なオーニングを兼備し、室内空間は快適になっています。更に焚火などの火を取り扱う場面でも難燃性に優れているので安心して利用出来ます。


 

形状別テントの選び方

テントにはいくつかの形状があります。このテントの形状の理解なしでは自分のキャンプスタイルにあった適正なテントは選べません。形状はテントを選ぶ際にしっかりと考えておきたい大切なポイントになります。ここでは代表的なテントの形状とテントを選ぶ時の大切なポイントをご紹介していきます。また、それぞれの形状別におすすめのコールマンテントをご紹介します。

自立型テント

自立型テントは、テントの幕にポールを通すとテントが自立します。ペグダウンをしていない状態でも張力だけで、とりあえず形になるテントになります。具体的には、「ドーム型テント」が代表的なテントになります。メリットは、一人でも簡単に設営出来るのが自立式の強みです。また、ポールのテンションで張られるため 悪天候に強いのも 自立式です。デメリットとしては、ポールを数本使うため重量とコンパクトさと価格がネックです。

自立型テントおすすめ2選

コールマン(coleman) クイックアップドーム/W+

コールマンのクイックアップドームは自立型のポップアップテントになります。簡単に設営出来るので、キャンプ初心者に特におすすめなテントになります。工程は非常にシンプルでゴムバンドを外して放り投げると、自動的に広がるポップアップタイプになっています。広がった平面状のテントを立体的に組み立てることでインナーテントは完成します。また、悪天候にも強く風雨からインナーテントを守るフライになっています。

コールマン(coleman) ポップアップ グリーン

テントの本体上部のロープを引っ張るだけで設営が完了するワンタッチテントです。設営が非常に簡単で設営工程も少なく、かかる時間はなんと10秒ほどです。また重量も2.9kgと軽量で持ち運びも楽なので、女性キャンパーでも使いやすいです。上部には、ワイドな天窓を設置しており夜の星空が見れます。サイズは230×130×90cmで、1人ならゆったりと使用できるほか、2人でも圧迫感を感じない程度の空間を保てます。

非自立型テント

非自立型テントはポールを通しただけではテントの形にならず自立しないテントです。ペグや張り網を使うことで初めてテントとしての形になります。メリットとしては、ポールを使用しないので重量、コンパクト性、コスト面に優れています。デメリットとしては、設営に手間がかかる事です。タイプにもよりますが一人での設営が困難になります。代表的なテントがワンポールテントになります。

非自立型テントおすすめ2選

コールマン Coleman ワンポールテント エクスカーションティピ 1~2人用

コールマンのワンポールテントがエクスカーションティピーです。特徴としては、設営が簡単でコストパフォーマンスが抜群に良いのでキャンプ初心者にも購入しやすいテントになっています。デザインもオリジナリティーがあり、お洒落になっています。テント内の空間も広く天井も高いので一人だと、かなりゆったり利用出来るのでコットや荷物を入れて快適空間を確保出来ます。機能も充実しており、ベンチレーション機能も付いています。

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 325 3~4人用

3~4人用のワンポールテントになります。設営や撤収が簡単で開閉時のテント内に雨の侵入を防ぐ前室を備えたシンプル構造のティピー型テントになっています。デザインもお洒落で可愛くてユニークなシルエットのティピー型テントになります。広い前室は荷物置きとして使用したり土間として使えるので、非常に利用しやすくて利便性が高いテントになっています。また暑い日にはインナーのメッシュを全開に出来るので夏も快適です。


 

スペック別テントの選び方

テントのスペックは主に幕の耐水性とスペックによって使い方や最適に利用出来るユーザーが変わってきます。スペックには幕の耐水性があります。基本的にテントの耐水性は耐水圧で表示されています。ずばり必要な数値は1,500mm以上です。この数値を満たしていればキャンプ中に激しく雨が降っても浸水する事はないでしょう。
また、ポールの材質や特性も非常に重要です。特にメインポールが重要になり、それによって風に対する強さになります。

機能性の高いおすすめテント2選

コールマン(Coleman) テント クイックアップドーム W+ ダークルームテクノロジー採用

こちらは機能性抜群のテントになります。コールマンが力を入れている、ダークルームテクノロジーを採用しており、遮光性が高く、日差しをカットして暑い時期にも涼しく過ごせるのが特徴になっています。更にダークルームテクノロジーに加えて、テント下部のサイドアンダーから涼しい空気を取り込み、上部のフライトップベンチレーションから熱気を放出するので通気性も抜群に良いテントになっています。


 

コールマン | タフドーム/2725

定番のタフドームになります。一見するとシンプルなドーム型テントになっていますが、サークルベンチレーション機能という、テントの下から空気を室内へ送り込み、暑い空気を上へ逃がしてくれる機能になります。この機能があれば、ちょうどよい室内温度にしてくれるので暑い日でも快適です。また耐水圧も2000mmで雨や風にも強いので、ご家族で安心して利用できます。これだけの機能性を持ちながら設営が簡単で低価格なおすすめテントです。

失敗のないコールマンテント

このようにコールマンテントは実用性とコストパフォーマンス、デザインと機能性などあらゆる側面から判断しても平均点を上回るバランスの良いパフォーマンスが最大の特徴になっています。更に取扱い店舗が多いことやアフターサービスも充実しているので安心です。テント選びに悩んだり、キャンプを始めたばかりでキャンプギアの知識がなく、テント選びに悩んだらコールマンシリーズを購入しておけば失敗することなく快適で楽しいキャンプが出来ます。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • startracking

    キャンプにどっぷりはまっている2児の父親です。ゆるく楽しくをモットーに!!

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

アウトドアシーンを楽しく彩る商品たち 株式会社ビッグウイング

家具を知り尽くしたデザイナーが創る究極のローテーブル / DOOGOO® ~ 株式会社スライムデザイン

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ