更新:2019.8.19 作成:2019.8.2

キャプテンスタッグのウォータータンクの選び方&おすすめ

キャンプでは欠かせないアイテムであるウォータータンクは名前の通り水を入れるタンクになります。水を運搬したり保管したり出来る便利なアイテムはいつの時代もアウトドアの必需品です。
近年あらゆるアウトドアブランドからお洒落で便利な物が販売されておりウォータータンクが今注目されています。
その中でも人気のあるキャプテンスタッグのウォータータンクをご紹介致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. ウォータータンクの必要性
  2. ウォータータンクの種類
  3. ウォータータンクの選び方のポイント
  4. キャプテンスタッグウォータータンクおすすめ6選
  5. ハードタイプ
  6. ソフトタイプ
  7. まとめ

ウォータータンクの必要性

キャンプでウォータータンクは必需品になります。使用する目的としては、キャンプ場内にある炊事場から自分のキャンプサイトへの水の運搬と確保です。サイト内で使う水を一度で大量に運べるので便利です。更にキャンプでの生活水としての水もウォータータンクを利用すれば確保する事がら出来ます。そのためウォータータンクは必要不可欠なアイテムになります。

ウォータータンクの種類

ウォータータンクを大きく分類すると、
①ハードウォータータンク
②ソフトウォータータンク
に分類されます。キャンプする場所や人数やキャンプスタイルによって最適な種類を選びます。選び方としては、それぞれのメリット・デメリットを参考に、ウォータータンクをより便利に利用する為にそれぞれの特徴をしっかり理解しましょう。

①ハードウォータータンク

こちらのタイプは名前通り硬い材質で出来ているウォータータンクになります。よく使われる材質としては、ポリエチレンやアルミ材などで作られたものが多いです。
メリットとしては丈夫で衝撃に強く壊れにくいです。また容量も大きく一度に沢山水を運べるのも嬉しいです。
デメリットとしては大容量な分重たく積載にかなり場所を取られてしまいます。
ファミリーキャンプやグールプキャンプにハードタイプが最適です

②ソフトウォータータンク

ソフトウォータータンクのメリットは何と言っても持ち運びやすさと積載時のコンパクトさが便利です。蛇腹式に収縮するので利用する際に時間もかからないのも便利な点です。
デメリットとしてはタンク内の水が少なくなるとタンクが軽くなり自立が不安定になる事です。また保温機能がなく保冷力が弱いです。ソフトウォータータンクに最適なキャンプスタイルとしては、ソロキャンプやカップルなど、少人数のキャンプが荷物にならず便利です。

ウォータータンクの選び方のポイント

ウォータータンクの選び方のポイントとして重要な事は適切なサイズです。
キャンプスタイルやキャンプする人数はもちろんですが、キャンプ場内の動線などでも影響します。最近ではオートキャンプ場は快適に過ごせるようにとどこのサイトからも水場が近いので小さいサイズのウォータータンクで十分です。逆にフリーサイトなどで水場が遠い場合は少し大きめのウォータータンクが必要になります。

キャプテンスタッグウォータータンクおすすめ6選

ハードタイプ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ウォータージャグ クールヒッツ【容量10L】

キャプテンスタッグのハードタイプの代表的なウォータータンクになっておりサイズは240×280×高さ425mmになります。たっぷり使える大容量サイズでファミリーキャンプやグループキャンプにぴったりな使い勝手の良いウォータータンクになります。
持ち運びしやすいようにハンドルが付いています。
保温効力も抜群でコストパフォーマンスの良いで人気の商品になっています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ジャグ リガード ウォータージャグ&クーラー

こちらのキャプテンスタッグのリガード ウォータージャグ&クーラーはウォータータンクとしての活用以外にも、その抜群の保冷力からクーラーボックスとしても利用できるので夏場の利用では大変便利な商品になっています。利便性の高いハードタイプで容量も大きく積載は嵩張りますがタンクの安定性は非常に良くて小さいお子様連れキャンプにはぴったりなウォータータンクです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ビッグ ウォータージャグ タンク 【容量16L/2栓】

ハードウォータータンクの中でもかなり大容量のものになります。サイズ290×310×高さ540mmと非常に大きいです。実際に水を入れれる実用量がなんと16Lもあります。保温の効力も見事に備わっており利便性の高いウォータータンクになっています。しかし重量は3700gと少し重めで積載にも場所をとるので少人数のキャンプやバイクや小さい車などにはあまり適していません。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ポリタンク ボルディー ウォータータンク5L

こちらのキャプテンスタッグのウォータータンクは水が少なくなっても傾けることなく水を出すことが可能なくらい安定感のあるウォータータンクになっています。また水を入れたままでも運搬が楽に出来るように取っ手付きになっています。またこちらのタンクに限らずキャプテンスタッグのアイテムは品質にも高く定評があるので安心して利用出来ます。無機系抗菌剤使用や蛇口の汚れやほこり等の侵入を防ぐキャップ付きになっています。

ソフトタイプ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ウォータータンク15L

ソフトタイプで代表的なウォータータンクになります。特徴的なのが水を入れたり出したりしやすいように口元がワイドで蓋も大きいです。
アウトドアシーンで必要性不可欠なウォータータンクですが、キャンプ以外の場面でも活躍出来るウォータータンクになっています。収納時がコンパクトで保管にも嵩張らないので災害用として1つ備えておくのも良いです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ポリタンク 伸縮ウォータージャグ5L

こちらのソフトウォータータンクも収納時にはかなりコンパクトになる蛇腹式のアイテムになっています。ソロキャンプや少人数キャンプに最適で非常に使い勝手の良いのが特徴的です。ただしこのタイプのデメリットでもある使用時の安定感には少し不安があるので子供連れのキャンパーには不向きかもしれません。
ソロキャンプやツーリングキャンプにはお手軽でおすすめです。

まとめ

ウォータータンクへの理解が深まったのではないでしょうか。
必要性不可欠で便利なアイテムでありますが使用する場面や人数を間違うと逆に利用しにくいアイテムになってしまいます。種類別のメリットデメリットをしっかりと理解して容量、サイズ、特徴を見定めて用途に応じたタイプを用意しましょう。快適なキャンプライフには重要なアイテムになります。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • startracking

    キャンプにどっぷりはまっている2児の父親です。ゆるく楽しくをモットーに!!

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【突撃取材】アルペンマウンテンズ練馬関町店がOPEN!早速取材へ行ってきました!

【突撃取材】話題のアルペンアウトドアーズ柏店!夏休みキャンプのおすすめ商品を物色!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ