更新:2019.4.4 作成:2019.4.3

ヨセミテ国立公園のキャンプ場の選び方&予約方法

ユネスコの世界遺産にも登録されているヨセミテはアメリカでも屈指の人気を誇る国立公園です。公園内には宿泊施設もたくさんありますが、大自然を満喫出来るキャンプは大人気。その魅力を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. ヨセミテの魅力
  2. ヨセミテへの行き方
  3. キャンプ場の選び方
  4. 予約の仕方
  5. 当日先着順枠について
  6. もしキャンプ・サイトが取れなかった場合は
  7. 最後に

ユネスコの世界遺産にも登録されているヨセミテはアメリカでも屈指の人気を誇る国立公園です。公園内には宿泊施設もたくさんありますが、大自然を満喫出来るキャンプは大人気。その魅力を紹介します。

ヨセミテの魅力

ユネスコの世界遺産にも登録されているヨセミテはアメリカでも屈指の人気を誇る国立公園です。公園内には宿泊施設もたくさんありますが、大自然を満喫出来るキャンプは大人気。その魅力を紹介します。

ヨセミテへの行き方

カリフォルニアのほぼ中央に位置するヨセミテはサンフランシスコからは約4時間半、ロサンゼルスからは約6時間のドライブです。
あるいはフレズノ・ヨセミテ空港まで国内線を乗り継げば、そこからは約2時間のドライブで国立公園に着くことが出来ます。

国立公園内には大きなスーパーもありますが、当然値段は高くなりますので、保存食や飲み物などの買い物はフレズノで済ましておくと経済的です。

キャンプ場の選び方

ヨセミテ・バレーからの眺め

ヨセミテ国立公園内には13個のキャンプ場があります。但し、殆どの観光客が訪れるヨセミテ・バレーにあるのは下の4つです。

• Upper Pines
• Lower Pines
• North Pines
• Camp 4

上3つの”Pines” がつくキャンプ場はどれも1泊26ドルと高めの値段設定ですが、その分オートキャンプなどの設備もしっかりしていて、オンラインでキャンプサイトの予約も出来ます。

Camp 4はダイハードなキャンパー向けです。予約は受け付けませんので、キャンプサイトは当日の早い者勝ちです。オートキャンプは出来ず、テントのみです。その分、値段は1泊6ドルとなっています。

予約の仕方

オンライン予約は下のページでチェックイン・チェックアウトの日付を選択して、予約可能なキャンプ場を探します。
方法としては簡単なのですが、問題はヨセミテのキャンプ場は多分アメリカの国立公園でも1,2を争うほど人気があって、予約が非常に取りにくいことです。キャンプサイトは5か月ぐらい前から予約可能になりますが、その殆どが予約解禁になってから一瞬で売り切れになります。まるでクリック合戦です。ヨセミテに行きたい時期が決まったら、なるべく早く、しかも頻繁に上のサイトをチェックしてみて下さい。
 

当日先着順枠について

一般的には早い者勝ちのキャンプ場は、まずはキャンプ場に着いて、空いている区画を探します。スペースが見つかったら、まずは車を停めて場所を確保して、入り口付近にある管理オフィスでお金を払います。

注意が必要なのは、入り口の看板によくある”Campground Full” のサイン。大抵は貼りっぱなしになっていて、Fullと書いてあっても、実際にはスペースがあるケースが多いです。諦めずに、キャンプ場の中に入って、探してみましょう。
 

もしキャンプ・サイトが取れなかった場合は

前述のCamp 4 (早い者勝ち)は毎朝8時半にレンジャーが受付を開始して、その日の空きサイトがあれば確保することが出来ます。春から秋までのシーズンは朝の早い時間に一杯になります。
キャンプサイトが取れなかった場合、もちろん公園内で野宿や車中泊は禁じられていますので、夜は公園の外に出るしかありません。ですので、予約なしでのキャンプに挑む場合は、あらかじめ近くの町のホテルを予約しておいた方が賢明かもしれません。

ローカル空港があるフレズノまで戻れば、ホテルはたくさんありますので、泊まる場所に困ることはないでしょう。それより手前のMariposaという街はヨセミテ公園の入り口、いわゆるゲートシティとも呼ばれていて、ホテルがいくつかあります。但し、夏のハイシーズンはここも大変賑わいますので、予約なしでは難しいかもしれません。
 

キャンプサイトには野生動物もやってくる。

最後に

ヨセミテでキャンプすることは多くの人にとって憧れです。だから簡単には出来ないようになってしまっているのですが、実現すれば一生の思い出になることは間違いなしです。



 

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • 角谷剛

    角谷剛(かくたに・ごう) アメリカ・カリフォルニア在住。IT関連の会社員生活を25年送った後、趣味の...

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ