更新:2018.1.9 作成:2018.1.9

キャンプの必需品「シングルバーナー」の選び方とおすす10選

スタイルに合わせたシングルバーナーでキャンプを充実させてみませんか?今回は、形状や燃料などの種類と選び方から、ソロキャンプ~ファミリーキャンプにも重宝するおすすめのシングルバーナーをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. シングルバーナーの「サイズと重量」は移動方法も考慮
  2. 「形状(タイプ)」は使いたいシーンに合わせて選ぶ
  3. 「燃料」はスキルと、それぞれの特長を把握して選ぼう
  4. おすすめの人気シングルバーナー
  5. まとめ
キャンプや登山などで、料理やドリンクをつくったり、暖をとりたい時にも外せないシングルバーナー!

しかし、形状や燃料も様々あるので初心者にとっては、何をどう選べば良いのか困ってしまいますよね。。

そこで今回は、シーンやスキル、用途に合わせた選び方から、おすすめの人気シングルバーナーを厳選してご紹介します!

シングルバーナーの「サイズと重量」は移動方法も考慮

車から運び出す距離を気にしなくてもOKなオートキャンプ場などの場合には問題ありませんが、アウトドアの基本は「持ち運ぶこと」が前提です!

バーナーもアイテムによって出来る事も変わってきますが、登山など歩いて移動する場合には、「コンパクトに収納でき快適に運べるサイズ感か。重すぎないか。」も考慮して選びましょう。

「形状(タイプ)」は使いたいシーンに合わせて選ぶ

シングルバーナーの形状は「一体型」と「分離型」の2つに大別されます。

一体型

「一体型」は、このようにバーナーに直接”カートリッジ”を取り付け基台にできるタイプです。

コンパクトなサイズ感なので、登山やソロキャンプ。ファミリーキャンプでも、簡単な食事やお湯を沸かすだけでいい、テーブルの上で手軽に使いたい。といった場合に最適です。

分離型

「分離型」とは、バーナー本体&ゴトクと、カートリッジが分離しているタイプのこと。

一体型との大きな違いは、大きい鍋やフライパンを乗せてもしっかりと安定する。つまり、数人分の調理に対応出来る点!ファミリーキャンプの場合や、しっかり料理を楽しみたい方はこちらのタイプがおすすめです◎

「燃料」はスキルと、それぞれの特長を把握して選ぼう

燃料は「ガソリン式・ガス式」の2種に大別されます。また、燃料は「燃焼系ランタン」にも活用出来るので同じタイプで揃えると効率もアップ!

ガソリン(灯油)式

ガソリン式は、火力も強く長時間の使用でもしっかりと安定する上にランニングコストも低く抑えられる燃料!ガス缶と違い中身を足せば繰り返して使うことが出来るのでゴミが発生しないのも魅力。

ただし、重くてかさばりがち。そして、ポンピングやプレヒートなども必要となってくるのでアウトドアスキルのある上級者向きの燃料ともいえます。

ガス式(OD缶・CB缶)

ガス式は、カートリッジを交換するだけなので初心者でも手軽使える燃料で、「OD缶(アウトドア缶)」と「CB缶(カセットボンベ缶)」の2種類があります。

CB缶は、コンビニなどでも安く簡単に入手出来ますが、気温が低いと火力が落ちてしまうのがデメリット。

OD缶は、コストがかかり入手しにくいのですが気温が低くても火力を維持することが出来ます!

おすすめの人気シングルバーナー

イワタニのカセットガス ジュニアコンパクトバーナー

イワタニのコンパクトバーナーは軽い・コンパクト・コスパ最強!と非常に人気のある商品。

燃料はカセットガス。 1Lの水なら4分程度で沸かせる高熱効率バーナーを搭載!しかも、風に強い「風防兼用ゴトク構造」と機能性もさすがです◎

ユニフレーム ミニバーナー US-700

六角形のヘキサゴンデザインがおしゃれなユニフレームのミニバーナー!

組み立て不要で、使い方も至って簡単◎五徳の安定性はもちろん、火力のムラも無く弱火でも安定しているので、扱いやすいと評判です!

SOTO シングルバーナー ST-301

ソトの分離型シングルバーナーは、安定感の高い低重心設計×大きな五徳で、直径25cmまでの鍋に対応できるので、ファミリーキャンプにも安心!

また、構造も至ってシンプルなので扱いやすいというのも魅力のひとつとなっていますよ◎
 

SOTO MUKAストーブ SOD-371<ガソリン式>

ソトのMUKAストーブは、なんと。予熱(プレヒート)が不要のガソリン式バーナー!

ガソリン式なので4,000kcalもの強い火力を維持できる上に、使い方はガス式に近く簡単という優れものです◎また、燃料には車用のレギュラーガソリンを使えるのでランニングコストも更に抑えられます!

Snow Peak ギガパワーストーブ 地

スノーピークの「地」は、胸ポケットに入るストーブがあれば・・と、世界最小・最軽量・最コンパクト。をコンセプトとして誕生したシングルバーナー!

コンパクトにまとめたいソロキャンプから、もう1台追加したい時にもマストです♪

 

プリムス 153ウルトラバーナー

コンパクト&軽量。更に高い機能性を兼ね揃えているので、プロも愛用しているバーナー!

3600kcal/hのハイパワーに、安定性の高い4本の五徳で、小さめのクッカーにも対応可能♪しかもイグナイター付きなのでボタンを押すだけ簡単に着火できます◎
 

EPIgas NEO STOVE

軽量かつコンパクトながらも、大型のクッカーにまで対応できる自動点火装置付きストーブ!

しかも、4,000kcal/hもの高出力で、”マイクロアジャスト機構”により極小のとろ火まで火力が調節できるのも大きな魅力◎

SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター

ウインドマスターは、すり鉢状のバーナーヘッド×マイクロレギュレーター機構により誕生した、SOTOの寒さにも風にも強いストーブ!

-5℃の環境でも、2,800kcal/hの火力をしっかり発揮してくれる頼もしい味方です◎
 

スノーピーク ギガパワーLIストーブ剛炎

なんと。液出しシステムにより実現した、最大出力8500kcalという世界最強クラスの高火力!

バーナーヘッドは風防付きで直径31cmの大きい鍋にも対応可能◎過酷な秋冬キャンプでも活躍すること間違い無しの逸品です♪


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?シングルバーナーといってもここまで機能性が充実した商品があるなんて驚きですね!

そして、このようにどんな種類があるかと、選ぶポイントさえ知っておけば、より自分のキャンプスタイルにあったモノを厳選出来るので安心です◎

また、大人数や本格的に料理を楽しみたい方は「2バーナータイプ」も合わせてチェックされてみてくださいね♪

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • Ash

    自分でたのしみながらキャンプ情報を発信できたらと思います!

    フォローする

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ