更新:2019.7.10 作成:2019.7.4

海釣り初心者も釣れる釣り方とおすすめ15魚種

初心者の方でも簡単に海釣りが楽しめるおすすめの15魚種をご紹介致します。またその中でも簡単で釣りやすい釣り方を釣りを始めたばかりの方でもわかりやすく説明致します。
これから海釣りに挑戦したい、まだ始めたばかりの方におすすめの海釣り入門ガイドになれば嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. 海釣りの魅力とは?
  2. 海釣り初心者におすすめな場所は?
  3. 海釣りに必要な道具は?
  4. 海釣り初心者におおすすめの魚と釣り方
  5. 初心者におすすめの釣り方サビキとは
  6. サビキで狙うおすすめ5魚種
  7. おすすめの根魚釣りで釣れる3魚種
  8. サーフ(砂浜)でおすすめの3魚種
  9. まとめ

海釣りの魅力とは?

海釣りの魅力は、広大な海を一望しながら姿が見えない魚に期待を膨らませて雄大な自然の中で魚との駆け引きを楽しむ事が一番の魅力になまります。

また1人で楽しむ事も出来たり家族みんなで楽しむ事も出来る男女問わずに幅広い年齢層が楽しめるアウトドアです。

また潮の匂いや波の音を感じながらゆったりと流れる時間を過ごす事が海釣りでしか味わえない魅力になります。

海釣り初心者におすすめな場所は?

海釣りの経験がない方や始めたばかりの方は何処で釣りをしたら良いか悩むでしょう。釣りをする場所の事をポイントと言ってさまざまな情報を元にこのポイントを決めるのが釣りの楽しさでもありますが、初心者の方からすると非常にハードルが高いかもしれません。

今回は釣り場の説明と足場が良く安全な場所から釣れてあたりが期待できるポイントを紹介致します。

防波堤

初心者の方でもイメージしやすいのが防波堤でしょう。もっとも身近な釣り場で足場も良くて釣りをしやすいスポットです。

また魚の種類も豊富で難しい技術や特別な道具がなくても足元で魚が釣れることも多いです。

他の釣りをしている人達の邪魔にならないように注意してのびのびと釣りが楽しめる釣り場です。

サーフ(砂浜)

サーフ(砂浜)から水深のあるポイントまで長いロッドを使用してラインに餌の付いた針と重りを付け遠くに投げて魚を釣る方法が投げ釣りになります。サーフでは餌を遠くに飛ばす少し遠投の技術が必要になりますが周りを気にせず思いっきり竿が振れるのも魅力の釣り場になります。少し釣りを覚えればレベルアップしてルアーでヒラメやマゴチといった、大型の高級魚を釣ることも出来ます。

河口

海の水と川の水が合流するポイントが河口です。プランクトンや養分が豊富なためにたくさんの魚が集まりやすいポイントになるので魚がよく釣れるポイントになります。ただ釣り場がそこまで多いわけでなく人も多いのでポイントの確保が少し難しくなりますが簡単に良く釣れます。汽水域とも呼ばれ、スズキやクロダイ釣りの1級ポイント。雨急な増水が雨の影響で起こる場合があるので小さいお子様には注意が必要です。

海釣り公園

釣り初心や子供連れや女性には最も釣りやすい場所が海釣り公園になります。トイレや売店が完備されて環境がよく安全なところも多く人気も高いです。また釣れる魚の数も多いので特に初心者には楽しいスポットになるでしょう。更に手軽に訪れることができますが、ベテラン釣り人にも好まれるスポットであり鯛やブリやヒラメなどなの大型魚が釣れることもあります。

海釣りに必要な道具は?

海釣りで釣りで必要になってくる道具は、どんな場所でどんな魚を釣りたいか、釣り方や場所によって大きく異なります。はじめのうちは、汎用性が高いものを揃えて、幅広い釣りを楽しむのがおすすめでレベルアップと共に釣り方の幅を広げていき道具も必要に応じて増やしていけば良いです。

ここでは初心者の方におすすめな汎用性のある道具を簡単に紹介します。

ダイワ(Daiwa) 投げ竿 スピニング リバティクラブ サーフ T20-360・K 釣り竿

この竿の特徴としては、非常に投げやすい竿になっています。思っ切り振り切れて安定感と爽快感がある釣竿になっています。少し遠投する場面や正確な遠投が必要なシーンでは投げやすくて良く利用します。特に場面を選ばずに利用できる万能な釣り竿になっています。また握り心地も良くてお気に入りのロッドなのでヘビーローテションで利用しています。

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング

シマノのロッドルアーマチック スピニング S80Lはライトルアーでシーバス釣を楽しむロッドとしてメインで使用しています。コストパフォーマンスが良かったので衝動買いしてしまいました。価格以上の満足度で気に入っています。特に飛距離の安定感がすばらしく、あたりの感触も良いです。軽めのルアーや少し重めのジグヘッドと利便性の高いロッドです。

ダイワ 15 レブロス 2004

ブラックバスを釣るのに少し利用していました。細めのラインでしたが、ドラグも悪くなくて普通に使えました。40cm以上も楽々勝負できて使えるリールでした。駆け引きを味わえました。コストパフォーマンスが最高に良くて使えるリールでした。不具合などもなく利用することが出来たので良かったです。手軽な商品でした。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2508PE-H (2500サイズ)

予想通りの軽いスピニングリールです。バス釣用として購入して利用しています。総重量の軽さだけでなく、巻きの軽さも非常に軽快で使用していて気持ちが良いです。ただ長期的に使用すると軽快さが衰えてきたのでいくつかあるリールをローテーションして使用しない時にメンテナンスをして保管していれば長く使えるスピニングリールです。

海釣り初心者におおすすめの魚と釣り方

ここからはもっと具体的にどんな魚がどんな季節に釣れるか。また初心者がターゲットにするのにおすすめの魚の種類や釣り方を紹介致します。一般的な釣り対象魚をチェックしておきましょう。
ターゲットが明確になる事でポイントの選び方や仕掛けの作り方の精度がアップしてより確率よく初心者でも簡単に魚を釣ることが出来ます。

初心者におすすめの釣り方サビキとは

サビキとは特別な技術や経験がなくても仕掛けと釣れる場所さえ押さえておけば誰でも簡単に釣れる方法です。釣りの中でも初心者向けで簡単な釣り方になります。
具体的な仕掛けとしては、糸に針をツリーのように複数つけて仕掛けの一番下にアミカゴをつけそこに餌となるアミエビを詰めて海に沈めます。水中でアミカゴからアミエビが拡散させて魚をおびき寄せる釣り方になります。

サビキで狙うおすすめ5魚種

アジ

初心者でも簡単に釣れて小さいながら引きの強さで人気があるおすすめの魚です。小さな群れで行動する回遊性の魚で、沿岸から深場まで広く棲息しています。
釣り方としてはサビキ釣りがもっとも簡単で数が釣れる方法になります。仕掛けを足元に投下するだけで魚が勝手にハリ掛かりしてくれるので非常に簡単です。
釣りにハマればアジングと言われるルアーを使用しての釣り方も面白いです。
時期としては、初夏から夏にかけて海釣り公園で釣れるので子供連れにぴったりです。釣って楽しく、食べて美味しい代表的な魚です。

イワシ

こちらもアジと並び、サビキ釣りの代表的なターゲットとして知られています。特徴としては、大きな群れで行動します。水温が上がる季節になるが堤防にやってくるのでサビキで数百匹と釣れるため、釣り入門に最適な魚です。
こちらも足場の良いポイントばかりで女性や子供でも挑戦しやすい釣りになります。
サビキ釣りで狙えば誰でも簡単に釣れ、様々な料理を楽しむことができるおすすめの魚です。

サバ

サバはアジやイワシと少し釣り方が違って遠投サビキと言う方法で釣ります。堤防からサビキ釣りで少し投げて狙える魚になります。仕掛けはコマセを外して沖に投げる遠投サビキで群れを狙います。釣り方としては、仕掛けを投入した後は、ロッドを上下に降るアクションを入れれコマセを撒きます。
釣れる時期としては、こちらもアジと同様、初夏から夏にかけて防波堤や海釣り公園で釣れるので子供連れにぴったりです。釣って楽しく、食べて美味しい代表的な魚です。

サッパ

サッパもサバと同様に防波堤や釣り公園から遠投サビキの仕掛けで簡単に狙える魚にらなります。ポイントとしては群れが寄っているかどうかが一番重要であり、釣り前に釣り場の状況を確認する事が大切です。たくさん上がっている方の近くならまず間違いなく群がいるでしょう。釣行前に近くの釣具店や釣り公園に問い合わせるのも効率が良いです。
時期としては、春から秋にかけて特に初夏から夏にかけて海釣り公園で釣れるのでファミリー層に人気の魚です。酢漬けは、サッパの代表的な調理法方です。

コノシロ

コノシロはサッパと見分けがつかないくらいよく似ています。見分け方としては、コノシロは斑点模様があり背びれの一部が長いんです。どちらもニシン目ニシン科になります。釣り方やポイントや釣れる時期も同じで初夏から初冬がベストシーズンの時期になります。 夏からサイズが大きくなるので夏以降がお勧めです。
釣った後の調理方法が多彩なためサビキ釣りでも人気の魚になります。

おすすめの根魚釣りで釣れる3魚種

メバル

根魚釣りの代名詞としても知られる人気のある魚がメバルです。海底や岩陰に隠れて生息しており、釣り方が豊富でオールシーズン釣りが楽しめるので人気があります。
初心者はウキ釣りや穴釣りがはじめやすいです。ウキ釣りでも遠くに投げる必要がなく足元に落として釣れます。
漁港や防波堤など比較的足場のよいポイントで釣りが出来るも嬉しいです。
時期としては、真夏を以外のほぼ1年中釣りが楽しめます。大きなサイズを狙うには4月から6月くらいまでがおすすめです。

カサゴ

メバルと同じく根魚で有名なのがカサゴです。メバルよりもサイズが小さめになっており最大でも30cm程度の小型の魚になっています。
カサゴの釣れるポイントとしては、堤防が おすすめです。足場も安定しているのでファミリー層でも安心して釣りが楽しめます。
堤防から足元に落とします。ポイントは堤防のきわを狙って釣ります。まさに足元にカサゴは潜んでいます。
時期としては、真夏以外のほぼオールシーズン釣りが楽しめるのでいつでも狙えます。

アイナメ

続いて紹介する根魚がアイナメになります。ただメバルやカサゴなどより活発に餌を求めて活動するので比較的簡単に釣り上げることが出来る魚になります。釣り方としては特に決まった方法はなく重りを付けての遠投でも疑似餌を使ったルアーフィッシングでも釣れるので手軽さが魅力な魚です。その為、初心者でも楽しめれ魚として人気があります。
アイナメのよく釣れる時期としては、冬から春にかけてのシーズンで狙う事が出来る魚です。

サーフ(砂浜)でおすすめの3魚種

キス

投げ釣りといえばキスです。キスは砂地の海底に潜んでいます。
そんな人気のキスの釣り方は天秤と言われる重りをつけてサーフや堤防から遠投する投げ釣りが一般的な仕掛けになります。
初心者でも簡単に釣ることが出来て数釣りを楽しめるのも魅力です。100m以上投げて沖の魚を狙う投げ釣りが一般的になりますが場所によってはチョイ投げ釣りでも狙えるので技術や経験があまり要らないです。時期としては、初夏から夏にかけてが良く釣れます。釣って楽しく、食べても美味しく天ぷらが非常に相性が良いです。

カレイ

カレイもキスと並ぶ投げ釣りでは人気の魚になります。
カレイの釣り方としては、基本的には砂泥底を狙います。底に変化ができやすい場所やのヨレができやすい場所を狙います。
砂浜からの遠投で餌を投げで探りながらゆっくり待ちます。カレイ釣りは一度投げるとじっくり粘ることが大切です。竿は投げ専用の3m〜4mあれば投げやすいです。重りも25号以上付けて投げると飛距離が伸びるのでポイントの幅が広がります。
時期としては、冬がカレイのシーズンになっており型の良いカレイが狙えます。

まとめ

狙う魚によっては釣りに対してのハードルもぐっと下がります。少し予習をして釣れる時期や釣れるポイントを前調べしておけば更に釣れる可能性が高くなります。
そして今回紹介した魚は全て食べても美味しい魚ばかりです。
海という広大な自然のフィールドは、そこにいるだけで気分がよくなります。広い海を見ながら魚との駆け引きを楽しめるのが釣の魅力になります。ぜひ楽しく釣って美味しく食べられる海釣りを堪能しましょう。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • startracking

    キャンプにどっぷりはまっている2児の父親です。ゆるく楽しくをモットーに!!

    フォローする

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ