更新:2018.3.26 作成:2018.3.13

クライミングができるキャンプ場

今年のキャンプは「クライミング」も一緒に楽しんでみませんか?今回は、ボルタリング、トップロープクライミングや、子供や初心者~経験者までが楽しめる「聖ケ岩ふるさとの森キャンプ場」をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. そもそも「クライミング」とは?
  2. クライミングができる「聖ケ岩ふるさとの森キャンプ場」
  3. クライミングウォールで気軽に体験
  4. 本格的なクライミングなら聖ケ岩へ
  5. クライミング以外でも楽しく過ごせる
  6. 今年はクライミング・キャンプに挑戦しよう!
アウトドアといえばやはり定番はキャンプですが、もっとアクティブに楽しみたい・・・そんな時は「クライミング」もセットで挑戦してみませんか?

今回は、クライミング未経験の子供や女性から、本格的なフリークライミングをしたい方。大自然を満喫したい方にも最適な「聖ケ岩ふるさとの森キャンプ場」をご紹介します。

そもそも「クライミング」とは?

壁をよじ登るスポーツ

「クライミング」とは、このように自然の岩壁や人工壁をよじ登っていくスポーツです。いっけんすると握力や筋力が無いと無理では!?と心配になってきますが・・・

実は全身と足を使って登るので、力に自信の無い子供や女性でもコツさえ掴めば登れますし、全身運動・発育運動としても最適なスポーツなんです♪

そして、クライミングはいくつも種類がありますが主流は3つです。

1.気軽に楽しめる「ボルダリング」

一つめはクライミングの中で最も手軽にトライ出来ると1番人気の「ボルタリング」です。

ロープを使わずに、マットで落下の衝撃を受けえられる程度の低い岩壁や人工壁を登っていくものなので、ロープの結び方や操作などを覚える必要もなく、誰でもすぐに挑戦出来るのが魅力◎

まず試したいという方はこの「ボルタリング」からはじめてみましょう♪

2.初心者向け♪「トップロープクライミング」

ボルダリングに慣れてきたらロープやハーネスなどを使う「トップロープクライミング」に挑戦♪

「クライマー(登る人)」と「ビレイヤー(下でロープを操作したり落下時に確保する人)」の二人でペアを組んで行うものですが、既に上からロープがかかった状態の岩壁を登るので、ルートクライミングの入門ともいえる登り方です。

3.定番の「リードクライミング」

そして三つめは、ロープを使うクライミングで大定番の「リードクライミング」

先程のトップロープと同じく二人一組で行うのですが、ロープにカラビナをかけながら登っていくものなので、クライミングの基本の登り方を覚えたい方にも最適です♪


そして今回ご紹介するキャンプ場は、このボルタリングから色んなクライミングが楽しめるスポットなんです!

クライミングができる「聖ケ岩ふるさとの森キャンプ場」

聖ケ岩ふるさとの森キャンプ場

福島県白河市の大自然の中にある「聖ヶ岩ふるさとの森」は、キャンプ場、クライミング、ボルダリングをはじめ充実した遊びが楽しめる人気のレジャー施設です。

テントサイト、バーベキューサイトだけでなく「バンガロー」もあるので、テントの設営が苦手な方でも気軽にキャンプを楽しむことが出来ますよ◎

キャンプ場の料金と予約方法は?

キャンプ場の料金は【1泊大人400円・小学生200円】。テント&BBQサイトは【1カ所1夜510円】。バンガローは【2,160円~】です。

レンタル可能なのは鍋や鉄板、バンガローなら布団一式程度なので、通常のキャンプ道具を持参しましょう。

また、宿泊の予約は宿泊日の5日前までに下記の予約フォームか電話で行い、クライミング等の受付は敷地内の”ビジターセンター”で行います。

クライミングウォールで気軽に体験

受付を行う”ビジターセンター”の中には、天然石を贅沢につかったホールドの「クライミングウォール」が完備されており、ボルダリング・ロープクライミングの体験が出来ます♪室内なのでもし雨が降ったとしても安心です!

ボルダリング・ロープクライミングが出来る

このように「マット」も敷かれているので子供さんも、はじめての方でも安心して挑戦できる環境が整えられています!

料金は1人2時間まで【大人200円・小学生以上100円】で利用可能です。更に、館内にはシャワー室も完備されており【10分100円】で使えるので、ボルタリングやクライミングで汗をかいても安心ですよ◎

準備するものは3つだけ!

クライミングに必要な「クライミングシューズ」はレンタル(大人200円・小学生以上100円)が可能ですが、滑り止めは用意されていないので「1.動きやすい服装」「2.靴下」と合わせて持参しましょう。

ただし粉チョークは使用禁止となっているので「3.液体チョーク」が必要です。中でもこのPD9はすべり止め効果は抜群ですが、手も白くならず子供でも安心して使える成分なのでおすすめですよ◎

本格的なクライミングなら聖ケ岩へ

クライミングの経験があり、フリークライミングを思いっきりやりたい!という方はキャンプ場近くにあるロッククライマーの聖地。「聖ヶ岩」で楽しみましょう♪

聖ケ岩(ひじりがいわ)とは?

聖ケ岩ふるさとの森からすぐのところにある「聖ヶ岩」は、大日岩、不動岩、虎雄ケ岩、苔岩、などが合わさった高さ230m×幅600mの岩山群。

山桜・紅葉・つつじ・松など四季折々の絶景がみれることから、源義経が奥州に向う途中に”聖ヶ岩”と名付けたといった説もあります。そして、景観だけでなく「ロッククライミング」のポイントとしても有名なんです!

聖ケ岩のフリークライミングルート

聖ヶ岩には、このようにフリークライミングができるルートは全8本整備されており、中には”マルチピッチ”を必要とするルートもあるようです。岩質は凝灰岩で、思いっきり「スラブクライミング」を楽しみたい方にも最適ではないでしょうか♪

また、出かける際は「ビジターセンター」に立ち寄り、「登山届の受付」と「聖ヶ岩のクライミング情報」を得てから向かいましょう。

クライミング以外でも楽しく過ごせる

キャンプにバーベキューにクライミング。それだけでもじゅうぶんなんですが、聖ヶ岩ふるさとの森はこれだけの広さと設備があるので更に楽しむことが出来ますよ♪

読書をしてゆっくり過ごす

遊び疲れた時や、急な雨でのんびりしたくなったら、ビジターセンター内にある15畳ほどの図書室(こもれび)で過ごすのも良さそうです♪1室1時間占有利用は600円。窓の外には隈戸川が流れているので、せせらぎを聴きながら贅沢なひとときになるのでは♡

もし空いていない時は、2階に「展望エリア」も完備されていますよ◎
 

アクティブに遊ぶ

アクティブに動きたい時は、キャンプ場横にあるこの「遊水池」での水遊び。軽くお散歩したい時は大間ヶ嶽の風穴、隈戸川源流散策などが楽しめる「遊歩道」。登山なら3つのルートからアクセスできる「権太倉山ハイキングコース」などもあります。

さらに!2時間200円で自転車のレンタルもできるので、「サイクリング」まで楽しめます!大自然をとことん遊び尽くせそうですね♡

今年はクライミング・キャンプに挑戦しよう!

いかがでしたでしょうか?いつものキャンプも、聖ケ岩ふるさとの森キャンプ場なら、クライミングやボルタリングをはじめ思いっきりアクティブに満喫できること間違いなしのようですね♪

しかも初心者~経験者まで一緒のキャンプ場に宿泊しながらそれぞれに楽しめるのは大きな魅力ではないでしょうか。ぜひ今年はクライミングも合わせて楽しまれてみてください♪

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • Ash

    自分でたのしみながらキャンプ情報を発信できたらと思います!

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ