更新:2018.5.24 作成:2018.5.23

夏でも涼しい!関東の標高が高いところにあるキャンプ場

キャンプのシーズンといえば夏!
でも、本格的な夏が始まると、気温は30℃を超えて、日差しも強くなってきます。
昼間のタープの中、夜のテントで暑苦しい思いをしたことがありませんか?
今回は、そんな夏でも暑さしらずの涼しい関東のキャンプ場を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. 夏のキャンプは標高の高いところへ
  2. 都心から行ける標高1,000m以上のキャンプ場
  3. さいごに

夏のキャンプは標高の高いところへ

せっかく夏にキャンプをするなら、都会の暑さを忘れられる涼しいところに行きましょう。

夏でも涼しいところといえば、標高の高いところです。

涼しいだけでなく、他にもメリットがあります。

涼しくて快適

まず、標高の高いところのメリットと言えば、涼しいこと!

標高が100m高くなるごとに、気温は0.6℃下がります。

真夏で平地の気温が30℃だとすれば、標高1,000mのところの気温は約24℃です。

さらに、標高の高いところにあるキャンプ場は、だいたい山の中や高原にあります。

キャンプ場の立地にもよりますが、湖畔や川の近くなど、水場が使いところが多いので、水遊びができたり、川のせせらぎが聞こえてきたり、気分的にも涼しくなります!

虫が少ない

キャンプの敵といえば虫!

慣れればそんなに気にならないのですが、苦手な方も多いと思います。

食べ物を調理している時や、タープの中、夜の灯りの周りなど、目を背けたくなる光景を目にしたことはありませんか?

実は、標高の高いところだと平地に比べて虫が少ないのです!

特に、蚊、アブ、ブヨなどの刺してくる虫は、標高1,000mを超えてくると生息しづらい環境になってきます。

逆に、中途半端な標高500m程度の森の中にあるキャンプ場などは、虫が多く生息しており刺されてしまいます。

とはいえ、標高が高くても、山の中や高原には虫がいるので、虫除け対策は必須。

星空が綺麗に見える

綺麗な星空が見える条件として、3つあります。
  • 周りに灯りがないこと
  • 新月に近いこと(月が出ていない)
  • 晴れていること

標高が高い山の中などは、周りに市街地がないので、夜になると真っ暗になります。

さらに、新月で雲がなければ、満点の星空を見ることができます。山に囲まれた立地なら、肉眼で天の川を見ることができるでしょう!

キャンプに行ったら、ぜひ夜に空を見上げて見てください。

都心から行ける標高1,000m以上のキャンプ場

気温や虫の少なさ、星空の見やすさなどを考えると、おおよそ標高が1,000m以上になると、かなり快適に過ごすことができます。

今回は、都心から行きやすく、標高1,000m以上で快適に過ごせるキャンプ場を厳選して3つ紹介します。

1.無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬県)

2.榛名湖オートキャンプ場(群馬県)

3.休暇村鹿沢高原キャンプ場(群馬県)

休暇村嬬恋鹿沢(つまごいかざわ)の一角にある林間のキャンプ場。

敷地内には、林間ウォーキングコースや小川などがあり、豊かな自然を楽しむことができます。

キャンプ場のすぐ隣には温泉付きのホテルがあり、日帰り入浴で利用することができます。

また、キャンプの道具を全てレンタルできて、夕食の食材、朝食バイキングもセットになったプランもあるので、完全に手ブラでキャンプを楽しむことができます!

【基本情報】
  • 標高:1,400m
  • 営業期間:4月下旬〜10月中旬
  • 所在地:群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢温泉
  • 公式サイト

さいごに

夏のキャンプは暑さ知らずで、メリットばかりの標高の高いところで過ごしましょう!

今回紹介したキャンプ場は、どこも人気の場所なので、早めに計画を立てて予約しておきましょう。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • ウエダリョウタ

    アウトドアな遊びが大好きなWebライター。 好きなことは、キャンプ、登山、スキューバダイビング、写真...

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ