更新:2018.6.25 作成:2018.6.7

手ぶらでキャンプにいこう!キャンプデビューにおすすめのキャンプ場3選

「したことないけどキャンプがしたい!」という人にまず体験してほしいのが、キャンプセットを行ってから一式レンタルする「手ぶらキャンプ」です。キャンプがどんなものなのか、ばっちり体験できるはず。今回は手ぶらで行ってもキャンプができる、おすすめのキャンプ場をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入り
目次
  1. 「手ぶらキャンプ」でお手軽だけど本格的にキャンプ体験を!
  2. 【山梨県】森の隠れ家ビッグホーンオートキャンプ場
  3. 【埼玉県】ロハスガルデンキャンプ場
  4. 【群馬県】カンパーニャ嬬恋キャンプ場
  5. 手ぶらキャンプでキャンプデビューしよう!

「手ぶらキャンプ」でお手軽だけど本格的にキャンプ体験を!

キャンプ道具を一から揃えるのは結構大変ですよね。仮にキャンプの経験があれば、最低限何が必要か、何から揃えていけばいいのか、どんなところは妥協できるのかなど、自分なりに考えることができるでしょう。しかし経験がないと、何を優先して買えばいいのか、なかなか検討がつかないのではないでしょうか。だけどキャンプはしてみたいですよね。そんな人におすすめなのが、キャンプセットを一式レンタルするという方法。そんな「手ぶらキャンプ」を実現させてくれる、おすすめのキャンプ場をご紹介します。

【山梨県】森の隠れ家ビッグホーンオートキャンプ場

「はじめてのレンタルキャンプ」プランをはじめ、手ぶらキャンプ用のレンタルプランがいくつもあるほど、手ぶらキャンプを推しているキャンプ場です。なんでも質問すれば優しく答えてくれるスタッフさんが、丁寧にキャンプ道具の使い方を教えてくれるので初心者さんも安心です。川沿いに作られた森林キャンプ場ですので環境も良く、場内はきれいな設備が整っているうえ、なんと管理人さんは24時間在中してくださるため、万が一なにかあった時も心強いです。まさにキャンプデビューにはぴったりのキャンプ場です!

レンタル情報

「初めてのレンタルキャンプ」プラン

テントの設営や撤去などはすべてスタッフさんが行ってくれるため一切不要です。自分たちが持っていくものは着替えやアメニティなど、旅行に行く際の最低限の持ち物に加え、夜歩くとき用の懐中電灯と、炭に火をつける際に使うライター等があればOK!地元甲州のおいしいバーベキュー用食材セットがついていますので、手ぶらで行ってバーベキューまで楽しめます。「キャンプデビューしたい!」という人や、「家族でアウトドア体験してみたい」という人は是非一度申し込んでみてください。

「手ぶらで楽々!キャンプ」プラン

せっかくアウトドアにチャレンジするなら、アウトドア飯にもチャレンジしてみたい…!という人におすすめなのがこのプランです。ガスバーナーとお鍋などのクッカー一式、あとは包丁とまな板のセットをテントなどのキャンプ用品と併せてレンタルするプランのため、いろんな料理にチャレンジできます。食材を自分で持って行く必要がありますが、料理が好きな方や、アウトドアを始めることになったらアウトドア飯にチャレンジしたいと考えておられる方は是非!また、ご家族での思い出作りにも最適です。

その他レンタル情報

ご紹介したプラン以外にも、連泊プランやちょっと豪華な手ぶらキャンププランが用意されていますので、気になった方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。もちろん、一式レンタル以外にも、個別レンタル用としてヘキサタープやコンロ、グリルをはじめ、テーブルやチェア、食器、シュラフまでずらっと用意されています。

基本情報

  • 所在地:〒400-1121 山梨県甲斐市上芦沢1159
  • 料金:1区画(4人まで) 5500円
  • テントサイト:土・砂利 1区画約70㎡
  • 売店:あり(管理棟併設)
  • 風呂:きれいなシャワー室あり、車で10~20分の所に温泉施設が数か所あり
  • 営業期間:4月下旬~10月下旬(夏休みを除き、平日はお休み
  • チェックイン:13:00~18:00
  • チェックアウト:7:00~11:00(レンタルプランは7:00~10:00)

【埼玉県】ロハスガルデンキャンプ場

「かんなの湯」という温泉施設が運営する、レンタル専用のキャンプ場です。用具はもちろん、夕・朝の食材や温泉入浴券もついているのでファミリーでも安心です。借りた用具は、キャンプ場スタッフのキャンプマスターが使い方をばっちり教えてくれるので、次からは自分1人でしっかり使えるようになります。もちろん、テントの設営も一緒にやってくれるので、ポイントやコツを聞くこともできます。いつか自分でキャンプをしたい人におすすめの手ぶらキャンプ場です。

レンタル情報

「手ぶら♨温泉キャンプ」プラン

テントやタープから、食器や調理器具、ガスバーナーまで、キャンプ用具一式と食材、そして運営である「かんなの湯」の入浴券2日分がセットになったプランです。このプランだけで1泊2日がまるまる楽しめます。レンタルキャンプには珍しく、価格設定が1人4800円(税別)のため、人数分の料金が必要なのでその点は要注意です。

基本情報

  • 所在地:〒367-0236 埼玉県児玉郡神川町小浜 1341
  • 料金:3歳以上 1人4800円(税別)
  • テントサイト:土 フリーサイト
  • 売店:なし(受付の農産物販売所はあり)
  • 風呂:あり(かんなの湯)
  • 営業期間:通年
  • チェックイン:10:00~15:00
  • チェックアウト:10:00

焚き火台やタープなど、自分でキャンプ用具を持ち込む際は受付で相談が必要です。予約の際に電話でお問い合わせしてみるのがよいでしょう。

【群馬県】カンパーニャ嬬恋キャンプ場

無印良品が運営する湖畔のキャンプ場です。日本一おいしいと言われる「嬬恋キャベツ」の生産地である嬬恋高原にあり、空気がとってもおいしいです。アクティビティが多彩なのが特徴で、カヌーやルアーフィッシングなど、湖畔のアクティビティに加え、竹かご作りや豆腐作りのように、無印良品らしいアクティビティもあり、家族それぞれ興味のあるものにチャレンジすることができます。

レンタル情報

「ベーシックセット」プラン

4名用のベーシックセットは、無印良品が厳選した質の良いキャンプギアで構成されています。ベテランキャンパーたちが愛用するようなキャンプ用品でキャンプを経験することで、自分がキャンプ用品をそろえる時に、どんなところに力を入れて揃えればいいのかが見えてくると思います。初めての人は、キャンプ用具を揃えるまえに、是非一度ベーシックセットでのキャンプを体験してみてください。

その他レンタル情報

テントやタープ、シュラフから、コンロや調理器具まで一式揃っています。もちろん個別レンタル可能。また、テントはサイズも選べますので、普段より大人数でキャンプする予定の時にテントだけ借りる…などもOK。キャンピングベッドやハンモックも借りることができるので、買うか悩んでいるギアを試してみることもできます。

基本情報

  • 所在地:〒377-1611 群馬県嬬恋村 干俣バラギ高原
  • 料金:大人(中学生以上)1人2160円、子ども(小学生以下)1080円
  • テントサイト:芝 1区画100㎡~196㎡
  • 売店:あり(受付センターハウス内)
  • 風呂:なし(車で5分~20分の所に日帰り入浴可能な温泉あり)
  • 営業期間:4月下旬~11月上旬(冬季は別プランで冬キャンプ営業)
  • チェックイン:13:00~18:00
  • チェックアウト:8:00~12:00

予約にはMUJI.netメンバーへの無料会員登録が必要です。

手ぶらキャンプでキャンプデビューしよう!

ご紹介したキャンプ場をはじめ、近年はキャンプビギナーさんを応援するキャンプ場が増えています。0から始めるとなるとちょっとハードルが高そうに思えるキャンプも、しっかりサポートしてくれるキャンプ場を選べば、実は手ぶらで本格的なキャンプが楽しめちゃうのです!週末のおでかけや、長期休暇の思い出作りに、気軽にキャンプへ行ってみませんか?

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • もぐおか

    テントで寝るあの何とも言えない感じが好きな20代主婦です。 好日山荘で購入した登山用の狭いけど軽...

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ